人気ブログランキング |

駄知の家 家具工事

駄知の家 家具工事

駄知の家、造作家具をつくっていきます。
家の中の物は収納する場所も決めていけると、使い勝手もいいものです。
造作でつくる収納は、暮らし方の想定をしないとつくる事が出来ません。
そこをやるからこそ、住み心地のいい家、となっていくのでしょうね。

この家は、洗面所や納戸の仕上げ面をモイスにしています。
c0074553_16301525.jpg
c0074553_16301591.jpg
バーミキュラといった自然素材で出来た多孔質の面材です。
湿気を吸ったり吐いたり、臭いを吸着したり。
電気を帯電しない、というもの実はすぐれています。
静電気が無いので、汚れをつけにくい。冷蔵庫やTVの裏側、壁面って汚れていませんか?
これは帯電してしまっているから。
それが無い。



むむむ!
先日、健康診断でした。
ショッキングな事も。視力が片方落ちていました。
どっちだったかな?と片目に手をあてて比べてみると・・・。


ん?
色が違う!!!

片方は色が暗く、もう片方が明るい。
両目でみると、その間。
これって?

家で話題にしてみると、そういうものだ、との事。
ちなみに、Siri に聞いてみても、そのような事だそうです。
瞳孔が左右でちょっと違いがあって、その補完を脳がやって映像を認識しているのだとか。
すごい機能ですね!人間って。

では、目がへんになっているということはない。
あーよかった。と胸をなでおろしました、とさ。(笑





追伸:充電期間がどうも必要な様でした。
想うところもあり、日常に飲み込まれている感も。
少しづつですが、これまでのように更新していきたいと思います。


by kawaikenchiku | 2019-06-29 16:39 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

薪の片付け 資材置き場の草刈り

薪づくりは、玉切して割り、そして乾かす。
1年は雨がかかる野ざらしに。2年目には軒のある場所で雨がかからないように。
これが理想です。

切るのは乾燥が進む前の方が切りやすく、乾燥が進むと切りにくくなります。
刃も傷みやすい。
ですが、そうすぐには出来ないのも事実です。
土の上直接触れるように置いてしまうと、湿気をさらに呼び込み、腐りが進んでしまいます。
腐食菌や虫たちの餌食に。

そこで、直接触れないように、枕木の上に並べて直します。
c0074553_19550667.jpg

c0074553_19550864.jpg

これだけやるだけでも、かなりの汗に。
もっと早い時期にできればね!

草刈りも大変です。
赤土の土地なので、綺麗すぎるようにかり過ぎてもいけません。
崩れないように。
c0074553_19564390.jpg

今日はビールが美味しいでしょうね!(笑

by kawaikenchiku | 2019-06-23 19:43 | 地域の情報 | Comments(0)

採れたてシリーズに追加です。

c0074553_05335237.jpg

ズッキーニとトマトの炒めもの、きゅうりはたたきで胡麻油と甘酢でサッパリ。いぼいぼの昔きゅうりは塩揉みで。ナスは味噌焼き。添えたキャベツにはバジルを香付けで。

先フルはラズベリー。

これらは、庭の畑からです。美味しい。

c0074553_05335389.jpg

バカルディブラック(ラム)を炭酸割りにして、香りを楽しみながら。


こちらも取れたて。

c0074553_05341859.jpg

c0074553_05344780.jpg

網戸をとおり過ぎるちっこい虫。

顕微鏡で観察です。

ムムム

ミクロの造形はすごい!(笑




by kawaikenchiku | 2019-06-22 23:32 | 家づくりのこと | Comments(1)

地震&地域の御守り 

新潟の地震、その後のことも気になります。大事が無いといいのですけど。
異常変動全国MAPにはちゃんと危険がでているし・・・。
ちなみに、東南海沖よりも首都圏東海の方が危険度が高いなんて!
c0074553_22165214.jpg
現場の途中にある観音様です。
c0074553_22165255.jpg
岩場の崖地に!すばらしいです。
ちなみに、この観音様、何製なんだろう?
木製のような、陶器で出来ているような・・・。ちなみに瀬戸(せともののまち)へ抜ける道です。

さてこちらは、こんな訪問者が。
c0074553_22165528.jpg
ノコギリクワガタの♀

車のエンジンルームには・・・何この足跡!
c0074553_22165326.jpg
c0074553_22165541.jpg


by kawaikenchiku | 2019-06-19 22:18 | 地域の情報 | Comments(2)

馬と戯れて来ました。

馬と戯れて来ました。
c0074553_23133542.jpg

c0074553_23135800.jpg

c0074553_23134135.jpg
ここはのどかな高原の牧場。
というわけではなく、同じ春日井市の仲間のところ。
なんと馬を飼ったとの事なので見に行って来ました。しかもポニーだけではなく、サラブレッドまで!
造園屋さんで、ヤギによる除草がやりたくてはじめた動物を飼うという事。
ヤギから始まり、羊、そしてポニー、さらにはサラブレッドに。凄すぎ。(笑

c0074553_23205495.jpg
引く為の馬車も調達したのだとか。
シックないい感じのものです。

さて、せっかくなのでと乗馬もさせてもらいました。
サラブレッドはさすがに大きく無理ですので、小型の馬。
ただし、この黒馬は現在5歳。ここに来る今迄調教がされていません。最近はじめたばかりなんだとか。
裸馬で乗ることに!
はじめ跨いだ時に、逃げてしまい、落馬。
むむむ手強い。
改めてチャレンジです。
乗ってみると、これが馬か!
人馬一体に(笑

by kawaikenchiku | 2019-06-16 23:13 | 地域の情報 | Comments(4)

高蔵寺NTの未来描く

梅雨の空はきまぐれです。
パラっとふったかと思うと、晴れ間も。
川沿いの道の向こうには、スポットライトがあたったような、山の緑が。
c0074553_20210369.jpg
未来は、向かう先は 素敵なハズ!


さて、今日の中日新聞近郊版に『高蔵寺NTの未来描く』とコンペの表彰の記事が出ていました。
春日井のチームに市長特別賞。
c0074553_20212438.jpeg
建築チームの一員として関わったものなので、嬉しいことです。
関心を持ってもらえるといいですね。
未来について。


窓ガラスの向こうには、『ヤモリ』くんが。
c0074553_20210284.jpg
こいつも、必死に未来を生きてますね!

ライブでパクってところを観察中!
c0074553_20210267.jpg
こっちはまだまだ道はながいなあ~。(笑

by kawaikenchiku | 2019-06-15 20:24 | 地域の情報 | Comments(0)

梅雨の時期 少し肌寒く洗濯物も外では乾ききらず、室内干しに。
こういった日もありますね。
そのような時には、薪ストーブをちょっとつけます。
じとっとした空気自体もカラッとします。

高温になるので、窓は開けてます。
室内温度が上がる事で洗濯物の水分が室内空気に吸収。熱い空気も換気されていいのでしょうか。
ちょっとしたエネルギーを使う事で快適になります。

さてウィークデーには出来なかった、誕生日のお祝いです。
c0074553_22323479.jpg

c0074553_22324939.jpg
飾り付けたケーキをカットして、ご馳走に。
おめでとう!
c0074553_22324069.jpg
美味しい時間が待ってます。
これからも、頑張っていこうね!

by kawaikenchiku | 2019-06-09 22:21 | Comments(2)

代官町にある 饗庵大乃の個室に絵画がはいりました。
c0074553_20131792.jpg
ピクチャーレールをつかってちょうどいい場所にセッティングです。
『ちょうどいい』は位置や場所の話だけではなく、絵そのものも。

柔らかく優しい、そんな個室。
テーブルにこれから運ばれる大将の手の込んだ料理。

あーまた是非行きたい!!
c0074553_20130352.jpg
c0074553_20130345.jpg
設計:みのわ建築工房
施工:(有)カワイ建築

by kawaikenchiku | 2019-06-04 20:13 | 地域の情報 | Comments(0)

竹の活用

休みといってもやりたい事(やらなきゃ!)が待っています。

きゅうりの棚を作ります。

c0074553_06484923.jpg

支柱は、放置された竹。この竹は槍竹?節の間隔が長く、釣りの竹竿になるような太さもあまり変わらない竹です。

求めてるお知り合いは、いい材を京都まで取りに行くとか。

実際使われない為、藪になってしまうので、使ってみようと思い。

c0074553_06490256.jpg

接合部は荒縄で縛る。

これも意外に大変です。

竹と荒縄は相性がぴったりです。

材木なら、釘やビスといった金物使えますが、丸みのある形状の竹は難しいですし。

一応足固めと筋違い材も入って、構造的にはしっかりと(笑

c0074553_06491934.jpg

夕食は炭火で焼のイワシとアナゴ。

脂の乗ったイワシはめちゃくちゃ美味かった!
炭火で脂が落ち燻されます。結構な煙です。

ちなみに、近所のクロネコが香りにつられてやって来ました。
♪~お魚くわえたドラネコ、追っかけて~
サザエさんの歌が流れだしました。(笑
よくよく考えたら、こうやって炭火でイワシを焼くのは初めてでした。網ではなく、串に刺して。
昭和の当時は換気設備もそうないでしょうし、外で七輪の炭火で魚を焼くのは、ごくありふれた風景だったことでしょう。それもイワシ。

イワシの丸干しではありません。
生のイワシは、サンマよりはさっぱりしていて、サバよりも繊細でとっても美味しいです。
またやろうっと。


デザートに石焼きジャガイモ。

なんと三色!

原種的な紫色はびっくりですよねー!


by kawaikenchiku | 2019-06-02 22:47 | Comments(0)

木の家スクール名古屋2019
第1回目が名古屋工業大学の藤岡研究室のサポートで始まり、参加しました。

木構造の設計 と シロアリ のこと
c0074553_21070176.jpg
c0074553_21070250.jpg

『なぜそこにシロアリがいるか』と題した講義は刺激的過ぎました!
(観察クラブ会員にとっては特に。(笑)

シロアリの事を知らないと対策なんて出来ませんね。
効果のない事や対策が、いかに広まってしまっているのか、が分かります。
c0074553_21070249.jpg
c0074553_21070253.jpg
c0074553_21070290.jpg
基本的には、白アリは3タイプ。
8割方がヤマトシロアリであり、そのシロアリは地中に基本的にいるもの。
密閉されたところが大好きであり、木の腐りや湿気とは直接の因果関係は無いようです。
それは肌が薄く弱いことからであり、光に弱い訳ではない。

ヤマトシロアリを排除するというより、むしろ知った上での対応が上策なようです。
そして、一番大事なことは、点検が出来るようにしておくこと。
隠ぺいすることが一番ダメなようです。
c0074553_21070236.jpg
隠ぺいは、防草シートやコンクリート、モルタル、さらには配管の保温材、断熱材など様々です。
ただ、彼らがいなくなると自然界は大きな損失になります。
セルロースを分解して、高タンパク質(アリクイが生きられるのも分かるように)となりその他の動植物に寄与する、そんな生きものでもあるからです。
衝撃ですよね!

by kawaikenchiku | 2019-06-01 21:08 | 家づくりのこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。