<   2018年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

庭を楽しむ。
荻野寿也さんの特集の建築知識ビルダーズ。
c0074553_19125571.jpg

箕輪裕一郎さんと取り組んだ『大泉寺の家』での造園ワークショップがつぶさに載っています。
自分にとっては、とっても意味のある本です。実際に見ていただけに、実践で活かせるアイデア満載!!
是非とも。
c0074553_19125536.jpg

その大泉寺の家もオープンハウスがあります。
6/9,10 (詳しくはメッセージ下さい。箕輪さんとご一緒します。ご案内しますので。)
以下、箕輪裕一郎さんのブログより

c0074553_19123282.jpg
大泉寺の家(二世帯・事務所兼用の自宅です。)の OPEN HOUSE(建築内覧会)を行います。

日時  6/09(土)10(日)AM10:00〜PM4:00
場所  愛知県春日井市
参加費 無料

ゆっくりとした住まいの日常を感じていただきたい!
という思いから、予約制とさせて頂いておりますので、
見学をご希望の方は下記のフォームからお申込み下さい。

今回は家づくりをお考えの方のための内覧会とさせて頂きます。
(プロの方のご見学はご遠慮下さい。)
https://minoway.exblog.jp/238536725/

ご連絡をいただいた方に案内図をお送り致します。

お待ち致しております。



雨の朝、うちの庭でも楽しみます。
c0074553_19125698.jpg

池ではシオカラトンボの♀が羽化したてでした。
c0074553_19125693.jpg
ジューンベリーは真っ赤な真珠の様。思わずぷちっと頬張りました。
そのジューンベリーはサキフル(先にフルーツを食べる)で頂きます!
c0074553_19125578.jpg

ジューンベリーは大泉寺の家でも植えられました。いい色の実がなっているかな?

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-31 19:15 | 家づくりのこと | Comments(0)

石尾台の家 柱状改良

石尾台の家 柱状改良

石尾台の家は隣地との高低差が6mもある高台です。
眺めはとってもいのですが、高台を担保する擁壁もそれなりの高さ。
建物を支える基礎も支持地盤まで杭などで支えなければいけません。
c0074553_08562476.jpg
c0074553_08562475.jpg
今回は、柱状改良で行います。
コンクリートと土を混ぜた堅い柱を土の中につくるというものです。
c0074553_08562406.jpg
c0074553_08562477.jpg
雨をよけて何とか出来ました。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-30 23:55 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

外の風景。音のご馳走。

事務所の外から、キョキョッキョ。ドドドとの音。
これは、アカゲラでは!

c0074553_14355031.jpg

事務所の前の桜にはこんな穴があります。
キツツキ(アカゲラ)が開けたと思われる穴。こんなに身近に!
木の下のほうには、おがくずのようなものが落ちてます。
出来立てほやほやのおがくず。

c0074553_14355585.jpg

自然の中に生活が溶け込む日本の良さ、なんでしょうね。
なかなかその感覚は感じにくくなっているようですが、高座山にはありますよ。


ちなみに、昨日は魅惑の網タイツの女性と会いました。
ちょっと動けなくなっちゃう感じです。
あまりお会いできませんけどね。
そちらは、これ。

c0074553_14355831.jpg
              マムシ。



※アカゲラ、マムシの写真は借りてきました。
写真には撮れてませんが、アカゲラでした!
職場の自分の机の横の窓からの風景。
そこに、アカゲラがいるという・・・。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-29 14:38 | 地域の情報 | Comments(2)

平日はなにかとせわしいので、日曜日に誕生日のご馳走になりました。
メニューは焼き鳥。
c0074553_22130042.jpg

もも肉、砂肝、手羽先を串に刺して炭火焼です。
このキツネ色の焼け具合。
外はパリパリ、中はジューシーです。
プロの食レポならもっと伝え方がいっぱいあるのでしょうが。

そして実験も。
蚊は温度と二酸化炭素に寄ってくるとか。
おお確かに寄って来ます。
寄ってきたところを、このラケットでパチリ!
c0074553_22174687.jpg


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-27 22:10 | my family | Comments(2)

天気が下り坂になっている様で蒸し暑さがこたえます。

c0074553_12563893.jpg
アイスでが美味しい!
体を中から冷やしますが、追いつかない感じです。
まだ体も暑さに慣れていないのでしょうね。

富山のお酒をオープン。
美味しいですね、水が綺麗なところは味も違うようです。
c0074553_12564169.jpg


こちらは魅惑の世界
c0074553_13265584.jpg
宇宙のようですが、これボウフラ。

c0074553_13265858.jpg

c0074553_13270142.jpg
夢中です。(笑

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-26 23:56 | Comments(0)

誕生日プレゼントは顕微鏡!

c0074553_11591389.jpg

魅惑のミクロの世界がみられます。

(14歳児のです)

c0074553_11592569.jpg

先フル用のフルーツにジューンベリーが入りました。

庭での収穫。フルーツもこれからです。

※たんぽぽだけじゃないですよ!(笑


下小屋では大物の梁の加工です。

150*330繋いだので8m近くになっています。

c0074553_11594724.jpg
c0074553_11595932.jpg

持ち上がりませんので。(涙



[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-24 23:55 | Comments(2)

収穫祭 ベビーコーン

収穫祭 ベビーコーン

頂きました、収穫です、ベビーコーン。
c0074553_21242121.jpg
へーこんな大きさなんだ、と分かります。
数本ゆでてみました。ゆでる前の皮付きの大きさから出てきた中身の小さいこと!(笑
中華料理に入っている、あのサイズです。

こんなにいっぱい取れるのか!
数にまず驚きです。
楽しいですね。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-23 21:25 | 地域の情報 | Comments(0)

特定外来種生物 オオキンケイギクを処分しました。

c0074553_18295905.jpg
鮮やかなんですけどね。
昨年よりも多くなって来た様に思います。
高座山にも見られました。
まだ、量的には少ないので、今できるうちに。

処分の仕方は根まで抜いて、そのまま干すそうですが、袋詰めにして燃えるゴミに出しました。
袋は黄色の半透明ですから、花びらの色は外からよく見えます。
いっぱいになっていました。

根を絶やす。

いろいろな意味を持ちますね。

 外ではツバメの鳴き声が聞こえます。
巣立った子どもたちのテスト飛行の様です。
愛らしいですよ。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-22 18:28 | 地域の情報 | Comments(0)

仙台 石巻 女川 美味しいレポート

美味しいものがいっぱいでした!
c0074553_08392432.jpg
被災後再建された地元の有名店。あら浜のはらこ飯。
c0074553_08392442.jpg
石巻の牡蠣。きれいな水のおかげでこの時期でも生食可。
濃厚でした!
c0074553_08392450.jpg
仙台といえば、牛タン。牛タンずくし定食。しかも仙台牛といったブランドの。
c0074553_08392758.jpg
石巻といえば漫画家、石ノ森章太郎。
街には作品たちがいてくれます。記念館は一時避難所として開放されて。009シリーズが大好きでしたので。記念館でとどまるのではなく、街中にあふれてくれるのはとても嬉しいです!
c0074553_08392767.jpg
ロボコンも石ノ森プロでした!
c0074553_08393456.jpg
伝統品も。世界的にこけしブームだそうです。
のっかって!

海の幸だけでなく、人の幸もある東北。
満腹!

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-21 23:24 | 地域の情報 | Comments(0)

仙台 石巻・女川の現状

仙台 石巻の現状

震災復興、本当にこれからが正念場、そんな言葉を石巻の人から伺いました。
直下の事態は7年が経過して何とかなったようですが、生活を支えていた職、特に水産に関わる関係が大打撃のまま。
さんまが特産ですが、近年の不良。イカの昨年から大不良。
くわえて、原発の放射能等の風評被害。
販売に関しては、販売権を一次放棄しなくてはならない状況で、そこを穴埋めするかたちで別会社が入ってしまい、販売権が無くなり、仕入れが出来ない、売る先が確保できない、と大きく苦戦しているとのこと。廃業等も多くなっているそうです。
c0074553_08505621.jpg
c0074553_08510391.jpg
ひとつの会社では何ともできないということで、小さな会社が集まって、特産を詰め合わせで商品をつくる、といったことを実践した民間会社を設立。実質の運営はその人たちをつないだ、印刷関係の社長さん。
リスクを負って地域を盛り上げる活動です。
勝川や高蔵寺の街づくりにも通じる事なので、特に聞き入って聞いてきました。


石巻では仮設住宅も外から見てきました。まだ住んでいる方ももしかしたらいるかもしれない。
そんな話も聞いたうえで、仙台の新聞から。
c0074553_08513724.jpg
仮設住宅なので質自体をあげる、ということはままならないのでしょう。
こういった問題も、想定外だったはずです。
ここも、建築では考えないといけない部分です。

復興で大事なのは、やはり気に掛ける事。想うこと。それが現地に訪れることにつながります。
一番いいのは、やはり、その場に行く事。居る事なんだと思いました。



[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-20 23:40 | 地域の情報 | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。