人気ブログランキング |

c0074553_991354.jpg

先日、玄関戸の交換について書きました。

今日は内側についてです。
玄関戸は他のサッシと違って土間に直接据え付けられています。
だから、前の玄関戸を撤去すると、その周辺のタイルがどうしてもわれてしまいます。=タイル補修(左官工事)が発生します。

同じタイルがあれば、同じタイルで補修を入れていますが、
今回の住宅では、築年数が20年ほどなので、同じタイル入手することができませんでした。
かといって、タイルを全面張り替えることは、大きくコストに響きます。
そして、玄関は家の顔なので、陳腐なものを張るわけにはいきません。
だから、こんなふうに御影石を入れて納まりをつけました。
ブラウンのサッシのほうに色を合わせています。

(サッシメーカーがトステムやYKKなどのように現在も同じ仕様で生産してるメーカーの時は、枠は交換せずに障子の交換だけで済ませられる場合もあります。今回は、メーカーが現存しないものだったので、枠ごと交換しました。)
blogランキング
by kawaikenchiku | 2005-09-30 09:22 | 家づくりのこと | Comments(0)

近所のお寺にて

こんなのみつけました。
写真↓
c0074553_9109100.jpg

お寺の建物の周りに配されているただの石積みなのですが、上の砂が、石の隙間からじょうごに水を通すようにしたへ流れ落ちています。
明石で砂浜の陥没事故をニュースで見たのを思い出しました。

その事故の原因は、堤防の継ぎ目に固定されたゴム製防砂板が波の力で摩耗し、亀裂から砂が流出したためといわれています。

砂時計の砂が小さな穴からこぼれるように、上の砂地に雨がふると、水と一緒に細かな砂は流れ出す先をみつけてしまいます。
人の手の加わった砂浜では、堤防の際のほうにはあんまりいきたくないなぁ・・・と思わせられました。
blogランキング
by kawaikenchiku | 2005-09-27 09:18 | 地域の情報 | Comments(0)

住宅リフォーム:玄関戸

c0074553_9271090.jpgc0074553_9271623.jpg













今回、玄関戸の入替も一緒に施工しました。

高蔵寺ニュータウンでは、空き巣被害が多いらしく、防犯に気を配る方が多くなっています。
セールスもとても多いようです。(実際に多いのかは、わかりませんが)
今回のお施主様も被害にあったことはないけど、そういう心配もあるので
目の細かい格子にしたいということでした。

ご近所関係が密なほどモラルが向上して、犯罪は減るらしいです。
高蔵寺は、どの前面道路も、接する住戸の住人しか使わないのに関わらず広めなんですよね。
そのためか、路上駐車も多くなったり、スピードの速い車が多くなったり、お隣さんとの間がゆったりしている=すかすか感につながっているんじゃないかとおもうんですが・・・。
もうすこし、ヒューマンスケールでもよかったんじゃないかなぁって、車で走っていて思うことがあります。
お隣のもしもの時の音に気づけるくらいの距離感って普段は煩わしいけど、ないと困るのかもしれないな。

blogランキングへ。
by kawaikenchiku | 2005-09-26 09:47 | 家づくりのこと | Comments(0)

万博フィナーレ!

ついに万博もフィナーレです。
モリゾー&キッコロたちも街から姿を消します。何でも森に帰っていくそうなので・・・。
Goodsも今日でもって販売終了になり、封印されるそうです。
モリゾー帽子結構かわいいものだったので、見ると欲しかったりもしましたが、残念です。

公式fm『FM LOVEARTH』お気に入りでしたが、こちらも本日で終了だとか。
ブログも楽しかったのに。

30分で会場までいける立地でした。こんなことはもうないでしょう。上手にいかせれなかったのが心残りです。
参加する人としない人、この差をまざまざと見る機会になりました。参加してきた人はやっぱり楽しそうでした。
c0074553_21195167.jpg


初めて行った時はこんな感じでしたよ!
blogランキング
by kawaikenchiku | 2005-09-25 21:20 | 地域の情報 | Comments(0)

外壁の塗装

c0074553_9223434.jpgc0074553_9224478.jpg









つづいて外壁の塗装をします。
足場をくんで、全体を塗装することになっています。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、塗らないところ(メーター類やクーラーの管)をテープやビニールでカバーしたり覆ったりして、保護します。
こういう風に、「施工する部分以外を保護するための処置」や「施工し終わったところを保護しておくための処置」を養生といいます。
日常で使われる時には、「健康を維持するために行う行為」を指すので、建築関係者が使う意味とちょっと違いますね。
外壁をいざ塗ろうと思っても、塗ってはいけないものも意外と多いです。
塗料が入らないように、均一に仕上がるように根気よく、保護していきます。
サッシについている格子なども、一度、取り外します。
blogランキング
by kawaikenchiku | 2005-09-22 09:40 | 家づくりのこと | Comments(0)

ホームページ

c0074553_915962.jpg
もう、9月半ば過ぎてしまいましたが、ホームページの更新をしました。
いつもたっちゃんにはたいへんお世話になっています。(ペコリ)
blogランキングよろしく!
by kawaikenchiku | 2005-09-21 09:14 | 家づくりのこと | Comments(0)

ポーチの柱の根元

ポーチの柱の根元が痛んでいるので気になるといわれていました。
こんな風
はじめは、下のほうだけ削ってうまいこと継げないかとおもっていたのですが・・・
めくってみると。c0074553_956889.jpgc0074553_9561458.jpg










こんな具合。
どうも、外側から基礎巾木だと思っていた部分も中は木製の下地が組まれているようです。
蟻害もみられたので、柱は取替になりました。
そして、この袖壁の下部はみんな取ってやり直しすることになりました。

c0074553_9562141.jpg









処置後。
これまで地面と同じ高さになっていた、土台にあたるもののレベルを上げて、改善しました。
下の方、まだ向こうが透けていますが、
「きずり(横向きに張ってある下地)」がまだ途中だからです。
このあとちゃんと下まではって、
モルタルで下地をします。そのあと、塗装で仕上げします。
今回は、外壁の塗装が初めから入っています。
あわせて全部塗り替えられるので、色をばっちり合わせることもできるのでよかったです。

より快適にしたいとおもってするリフォームだけじゃなくて、
こんな風に、具合が悪くて工事をする場合もあるんですよ。
建物本体の方にまで、症状がひろがってなくてよかったです。
柱をみただけでは、「ちょっと欠けてる・・・?」くらいに見えることでも、
内側をみてみると、こうやって違う場合もあります。気づけてよかったです。
blogランキングよろしく!
by kawaikenchiku | 2005-09-20 10:09 | 家づくりのこと | Comments(0)

今日は満月

今日の夜空には大きな満月が上っています。
♪十五夜お月さん です。

愛知万博公式FM 『FM LOVEARTH』でもいっていましたが、赤身のある大きな月です。
万博で見ている人にはいい思い出なのでは。
満月といえば、二人の子とも満月に出産でした。下の子は4回目、上の子は51回目になります。
自分は何回目?

かぐや姫も月に帰ったのが十五夜だったですよね。でもあれは仲秋の名月か。
身近に感じることの出来る自然のひとつです。

blogランキング
by kawaikenchiku | 2005-09-18 21:14 | 地域の情報 | Comments(0)

c0074553_912305.jpgc0074553_9125875.jpg













廊下のフローリングの仕上がりはこんな感じになりました。
明るくなったし、ふわふわしていた部分もすっかり解消されました。
廊下は、部屋と違ってよく人が行き来をするので、ふわふわしていると、居間や個室より気づきやすいですね。痛みもはやいってことがあるかもしれません。

さて、右の写真は、縁側です。
実は、同時に縁側も張替しました。
縁側は、板の感じが違いますね。
「和」のつくりになるので、廊下と同じ洋風のフローリングははりません。
ちがった雰囲気もなかなかいいでしょ?
和風の材料のほうが高くなりやすいのですが、縁側はそもそも面積が小さいので、床くらいだと気にならないと思います。
さっそくネコさんに寝心地をためしてもらわないと・・・ここをやっている間、ちょっと外にでてもらっているのです。協力ありがとう。
blogランキングもよろしく。
by kawaikenchiku | 2005-09-16 09:27 | 家づくりのこと | Comments(0)

フローリングの張替

c0074553_15163923.jpg

まずは、フローリングの張替をします。

この家庭では、猫がいるということで、合板フローリングが採用になりました。
フローリングを施工するときには下地に合板を貼ってから施工します。
写真は、合板下地がおわって仕上のフローリングに取り掛かっているところです。
階段の丸い柱がむずかしそうです。
このフローリングとっても硬いので、しっかりしているんですが、のこぎりの刃が早く悪くなります。
苦労するのに反してお客さんの評判はとってもいいです。がんばれ!

10年から20年くらい前までは、合板を下地に貼らないでフローリングを施工していました。
だから、合板が古くなって弱くなってくると、床がふわふわすることがあったんだと思います。
今は、こうやって合板を貼るので、ずっとしっかりします。
色が、今の住まいとよくあっていて、よかったなぁとお施主さんはよろこんでいます。
できあがりが楽しみです。

blogランキングもみてください。
by kawaikenchiku | 2005-09-15 15:29 | 家づくりのこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。