カテゴリ:進行中の建物のこと( 663 )

石尾台の家 刻み

石尾台の家 刻み
c0074553_08532333.jpg
c0074553_08532474.jpg
下小屋からの音が聞こえてきます。材木に墨付けを施し、刻む。
工場の大きさに限りがあるため、パーツごとでの作業です。
現在、垂木。
ジョイントである仕口は金輪継なのでそれなりに時間がかかります。4mを3本つないで12mの材として、それから梁桁等のジョイント部分を墨付けしていき、刻みを続ける。

小気味よい音は、仕事の進み具合が分かるバロメーターでもあります。
キツツキのドラミングを思わせる。(笑
c0074553_08532881.jpg
ちなみにこちらは、事務所の前のさくらにある穴。
キツツキのコゲラがつくるにはデカすぎるような気がしますので、アカゲラかな?
アカゲラもこのあたりにいるので、ひょっとしてまた出会えるかも。
c0074553_08533525.jpg
c0074553_08533242.jpg
むむむ、検索してみると、コゲラも結構大きな穴をあけるようですね。
コゲラの巣つくりなのかもしれませんね。
(小鳥の写真は借りてきてます)

いろいろイベントや締切、行事に追われていました。
日常が返って来たようです。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-19 23:46 | 進行中の建物のこと | Comments(2)

大泉寺の家 造園ワークショップ 3日目

造園ワークショップでの作業は昨日で完成しました。
今日はスライドを用いた座学です。
夜半からの雨もやんできました。植栽には恵みの雨です。
c0074553_21523428.jpg
c0074553_21523442.jpg
荻野寿也さんのこれいい!という原点を交えてのスライドです。
立ち還る場所、それがこの写真とのこと。
とっても気持ちいい。

そんな番所に住まいだってなったら、もっと気持ちいいでしょう。
建築と庭との関係を切り離して考える事のなんともったいないことか!
緑も含めた住まい方をもっと出来るように。
そんな決意も新たにしました

座学の後に現場に戻ると、そこには日の光のプレゼントが。
その一時をカメラでお裾分けです。
c0074553_21542189.jpg
c0074553_21542154.jpg
c0074553_21542181.jpg


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-18 21:55 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

大泉寺の家 造園ワークショップ 2日目


出来上がりました!
c0074553_08191877.jpg

c0074553_08191902.jpg

c0074553_08191952.jpg

c0074553_08191941.jpg

c0074553_08191804.jpg

私自身、とても驚いています。特に以前の建物の頃から知っていますので。
すごい。
庭と一口でいっていたのが、なんだか恥ずかしくなりました。とても奥が深いし、建築との庭とのまざりあい部分にとても魅かれます。
写真では伝わり切れません。なんと気持ちのいい空間でしょう!


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-17 23:15 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

大泉寺の家 造園ワークショップ 1日目

大泉寺の家の外構、造園工事がいよいよラストのワークショップに。
これは造園家の荻野さんの実践をそのまま体験出来る機会となります。
c0074553_17570985.jpg
高木がどんどん入っていきます。
c0074553_17573843.jpg
木が入る事でとっても変わりますね!いい感じです。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-16 17:53 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

造園ワークショップ、その前に。

大泉寺の家、外構工事は造園家の荻野さんが入ってのワークショップで完成の予定です。
そちはら、また後日に。
その前にやっておかなければと、こちらも急いで行っていたものが、こちら。
c0074553_06005612.jpg

コンクリートの机。
いわゆる、打ちっ放し仕上げの外用のテーブルです。
このテーブルを中心にご飯を食べたり、のんびりお話したり、ふと人が行きたくなる、そんな場所になるようです。
その為の、『丘』であり『木柵』。
c0074553_06005674.jpg

c0074553_06005621.jpg

気持ちよく過ごすには、やっぱり木陰があったらいいな、ですよね。
そこは、造園のプロが素敵な木陰と樹形のあった木を入れてくれるようです。
とっても楽しみですね!

造園ワークショップが出来るしつらえ、間に合ってよかった。
ふと、心の声をつぶやいて。(笑

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-14 23:50 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

本格的に始まってます。
大工の手刻みによる家づくり。
垂木はなんと12m!  120×120×4000の杉材 (葉枯らし天然乾燥による)を3本繋ぎます。
c0074553_06424811.jpg
c0074553_06430352.jpg

継手は金輪継。工場に入る長さ限界!
(設計:丹羽アトリエ)


夜はこちら。
c0074553_06435365.jpg
春の優しい風がそよいでいます。
いい言葉。
書は…まだまだ頑張ります!
息をぐっと止めて書いているようです。
いい緊張感。(苦笑




[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-13 23:41 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

玉野の家 引渡し

玉野の家 引渡し
c0074553_22084527.jpg
c0074553_22084692.jpg
c0074553_22084623.jpg
c0074553_22084607.jpg


玉野の家の引き渡しでした。ギリギリまでの工事となってしまいました。
その分手を掛けた、ということです。
心待ちに、そしてこれからの素敵な暮らしを楽しんでいただける事でしょう。
おめでとうございます。
そして関わらせて頂き、有難うございます。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-12 22:09 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

玉野の家 完成引渡し直前

玉野の家 完成引渡し直前に照明器具が届きました。
壁につけるブラケットタイプ。
c0074553_23182873.jpg
c0074553_23182854.jpg
左官壁の柔らかい感じを光で演出してくれます。
取り付けて点灯試験を行いました。
柔らかなひかりでうっとり。空間にマッチできたようです。しばらく離れられませんでした。

家をつくるのには、計画からを含めればとても多くの知恵と手が関わっていかないとできません。
施主様をはじめ、チームでつくりあげていけばこそ、のものです。
想いもいっぱい込めて、ゆっくりとカタチをなしていきます。
引渡しこそしますが、完成ではありません。
すまいの器ですので、住まい手と一緒になって育っていってくれることでしょう。

素敵な暮らしの器として。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-11 23:19 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

玉野の家 内部養生が取れました
c0074553_21523644.jpg
内部養生が取れました。
送電もでき、照明も点灯。
c0074553_21523731.jpg
c0074553_21523794.jpg
今までイメージでしか出来ていなかったものが、3次元のカタチとなって姿をみることができました。

いい空間が出来てきています。
こんな風に人が来て、ここにはこんなテーブルが来て・・・

物語がきちんとできる。そんな場所になりました。
ものがたりは何通りも。

しばらく、見とれています。
ぼーっとできる、そんな居場所になりました。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-05 21:53 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

玉野の家 足場が取れました。
c0074553_07034294.jpg

外部足場が取れて外観が現れました。
基本的な建物の大きさは変わっていませんが、軒の出の大きな建物です。それでも迫って来るような威圧感は待ったなく、すっきりとした印象です。
焼杉の黒と妻壁の白のコントラストがとても映えて印象的に。
仕上げまでピッチを上げて行っていきます。

さて、日中は暖かいですが、朝晩は冷えるいつもの春の陽気です。
今朝は、このところ聞かなかった音が!
カッカ カッカ  と冬鳥のジョウビタキ♀が居ました!
旅立ってしまっただろうなと思っていたので、ちょっぴり嬉しいですね。
c0074553_07040572.jpg
 (姿は写真には納められず!残念)

3月は旅立ち、別れの時期でもありますね。
役所でも人事異動があり組織も変わりますよね。学校もそうか。
ジョビ子も離任式に来てくれたのかも知れませんね。
c0074553_07045894.jpg


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-03-30 23:50 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。