カテゴリ:進行中の建物のこと( 705 )

石尾台の家 防水チェック

外部の防水に関して、設計のチェックを基に改善していきました。
改めて、今回そのチェック。
c0074553_21505938.jpg
c0074553_21505988.jpg
c0074553_21505975.jpg
外壁は被膜のようなものです。
人の被膜は常に内部から徐々に更新していきます。
建物はそういうわけにはいきませんよね。
また、建物は結構揺れています。風が大きいですが、地震もありますし、近所に大きな工事や大型車両が通っても揺れます。
そういった振動にも追随しなくてはいけませんので、がっちり一枚の頑丈なもので出来ている、っていうのもまずいんです。
さらには、素材。
出来るだけ無垢材で構成される家ですので、その性質も分かった上で雨仕舞をしていく必要があります。

そうなると、ノウハウが必要です。
性能を確保したうえで、施工性も上げていかないといけません。

しっかりと双方で確認できました。






[PR]
by kawaikenchiku | 2018-11-08 21:51 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

各務原 マーケット日和

各務原 マーケット日和
c0074553_21194965.jpg
c0074553_21195073.jpg
c0074553_21210852.jpg
各務原 マーケット日和いいですね、ゆったりと流れる時間堪能させていただいています。
普段の日常のちょっと先がある感じがとってもいいです。

マルシェはここ数年でいっぱい増えました。
それぞれのマルシェがある中で、この各務原は地道にしっかりあるようです。



c0074553_21195010.jpg
c0074553_21195116.jpg
c0074553_21195143.jpg
普段のちょっと先の、こんな感じがあったらいいな。そこが表現されていました。
豊かだなあ~って思います。





[PR]
by kawaikenchiku | 2018-11-03 21:22 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

指摘事項

指摘事項

指摘事項があるという事は、ハードルのようなもの。ハードルというより、次のステージに行く為のステップといった方が適切かもしれません。

現場作業の積み重ねで建築は出来上がっていきます。
その途中には、進展もありますが後戻りも。
そこはちょっと戻ってやり直しが効きます。すぐなら。

どんどん進めばやり直しが出来なくなってしまう事も起こります。
そうならないために、工夫もしますが、ゼロにはならない。

いろいろな目でもって見ることで、そのリスクを減らす事は出来ますね。


設計からのチェック。
c0074553_22164985.jpg
c0074553_22164836.jpg
c0074553_22164833.jpg
現場の不具合の指摘事項をしっかりと直していきます。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-31 22:17 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

立体でのシュミレーション

立体になった時にきっちり納まるのかどうか。
c0074553_18021933.jpg
c0074553_18021973.jpg
これは意外に難しい問題です。
壁の内法寸法W=1075のところに、W=1100の浴槽が入るのか?

普通に考えたら納まりません。
では、納めるには・・・。最適な方法を探します。

立体でのシュミレーションは現場でないとできませんね。

職人さんたちも知恵を出し合い、納める事が出来ました。
立体パズルや~!


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-26 18:03 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

メンテナンスで外壁塗装の現場です。
外部に足場を組んでいきますので、雨どいの詰りもこの時に修繕できます。

雨どいが詰まる原因は落ち葉と土ぼこり。
落ち葉が水にぬれて樋の落とし口に目いっぱいたまります。
落とし口から竪樋の細い部分になって、まさにボトルネック。

現在主流の樋はこの部分が外れるような部品です。
その部分をはずし、詰りを取ります。
ごみ袋に目いっぱい取れるなんてこともあります。

そこに以前紹介した落ち葉対策の部品を仕込んでいきます。
c0074553_22025369.jpg
c0074553_22025371.jpg
風の力で落ち葉がここにたまらない。雨水はちゃんと分離されて落とし口に流れる、そういう商品です。
樋が詰まって、雨の時にダダモレ。
こうならないように。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-10 22:06 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

これなんでしょう?

c0074553_22052829.jpg

床板で丸柱の下の部分。

c0074553_22052860.jpg
何気なく見えるところにそんな工夫があります。
いい仕事をするには、試も必要ですね。

最初のは試しに作ったものだったのですね!

c0074553_22052896.jpg
背中がでかいです。職人さんは。(笑


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-05 22:06 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

温熱環境の充実へ

建物の温熱環境への考え方が大きく進化しています。
エネルギーも無尽蔵になるわけではなく、とっても大事に使わないと。
それには、効率的にあっためたり、冷やしたり、快適な温度や湿度をしっかり保つ。
その考えが特に広まり、可能にしていくものが多くなりました。

石尾台の家は土壁の家です。
そこには、断熱もしっかりと。
c0074553_18271839.jpg
土壁の外側に、ポリエチレン系の繊維断熱材を2重に敷設します。
密度の違いで張る方向も変わりますので、より隙間が無くなります。



こちらは

台風被害の合った住宅の修繕です。

瓦が割れた部分は取り替えて、ビスにて固定しました。
吹上の力はものすごいです。
c0074553_18272237.jpg
c0074553_18272113.jpg
台風明けから天候がすぐれないのが、とても気になります。

出来てホッと出来ました。



[PR]
by kawaikenchiku | 2018-09-14 18:29 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

雨が降る前に

雨が降る前に

この時間(23:15)外の音が変わりました。
雨の降り出した音です。
台風被害はさらに拡大し、外壁が外れた家、屋根瓦の飛ばされた家もありました。
いずれも雨が降る前に、応急処置が必要です。

とはいえ、屋根の一番上のところは、たくさが高い分怖いもの。
さらには屋根勾配がきつくなれば、尚更。
c0074553_23190980.jpg
こちらの7寸勾配の家は本当に怖かった。
立てませんし。(苦笑



[PR]
by kawaikenchiku | 2018-09-06 23:14 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

台風養生

台風養生

またしても台風ですね。前回はこのあたりの被害はありませんでした。
今回はかなり大きいことと、予想進路に近い事もあって心配です。

天気のいいうちに台風養生を行なっておきます。


石尾台の家のまずは片付け。飛散しないようにする事。
仮設足場のネットをたたみます。
風をうけてしまわないように。

この作業は意外に大変です。
足場での上下に人間がいれば早いのですけどね。




[PR]
by kawaikenchiku | 2018-09-03 23:48 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

石尾台の家 床板塗装

石尾台の家 床板塗装

石尾台の家の床板は杉の無垢材です。
厚みが30mmある板です。
その板にオイルを塗ります。

この作業を設計、施主の連合チームがやってくださいました!
c0074553_22264190.jpg
c0074553_22265225.jpg

自分たちの家を自分でも造るところに関わる。
こんな楽しい時間も是非とも体験してほしいです。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-09-01 22:17 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。