カテゴリ:地域の情報( 1288 )

収穫祭 ベビーコーン

収穫祭 ベビーコーン

頂きました、収穫です、ベビーコーン。
c0074553_21242121.jpg
へーこんな大きさなんだ、と分かります。
数本ゆでてみました。ゆでる前の皮付きの大きさから出てきた中身の小さいこと!(笑
中華料理に入っている、あのサイズです。

こんなにいっぱい取れるのか!
数にまず驚きです。
楽しいですね。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-23 21:25 | 地域の情報 | Comments(0)

特定外来種生物 オオキンケイギクを処分しました。

c0074553_18295905.jpg
鮮やかなんですけどね。
昨年よりも多くなって来た様に思います。
高座山にも見られました。
まだ、量的には少ないので、今できるうちに。

処分の仕方は根まで抜いて、そのまま干すそうですが、袋詰めにして燃えるゴミに出しました。
袋は黄色の半透明ですから、花びらの色は外からよく見えます。
いっぱいになっていました。

根を絶やす。

いろいろな意味を持ちますね。

 外ではツバメの鳴き声が聞こえます。
巣立った子どもたちのテスト飛行の様です。
愛らしいですよ。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-22 18:28 | 地域の情報 | Comments(0)

仙台 石巻 女川 美味しいレポート

美味しいものがいっぱいでした!
c0074553_08392432.jpg
被災後再建された地元の有名店。あら浜のはらこ飯。
c0074553_08392442.jpg
石巻の牡蠣。きれいな水のおかげでこの時期でも生食可。
濃厚でした!
c0074553_08392450.jpg
仙台といえば、牛タン。牛タンずくし定食。しかも仙台牛といったブランドの。
c0074553_08392758.jpg
石巻といえば漫画家、石ノ森章太郎。
街には作品たちがいてくれます。記念館は一時避難所として開放されて。009シリーズが大好きでしたので。記念館でとどまるのではなく、街中にあふれてくれるのはとても嬉しいです!
c0074553_08392767.jpg
ロボコンも石ノ森プロでした!
c0074553_08393456.jpg
伝統品も。世界的にこけしブームだそうです。
のっかって!

海の幸だけでなく、人の幸もある東北。
満腹!

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-21 23:24 | 地域の情報 | Comments(0)

仙台 石巻・女川の現状

仙台 石巻の現状

震災復興、本当にこれからが正念場、そんな言葉を石巻の人から伺いました。
直下の事態は7年が経過して何とかなったようですが、生活を支えていた職、特に水産に関わる関係が大打撃のまま。
さんまが特産ですが、近年の不良。イカの昨年から大不良。
くわえて、原発の放射能等の風評被害。
販売に関しては、販売権を一次放棄しなくてはならない状況で、そこを穴埋めするかたちで別会社が入ってしまい、販売権が無くなり、仕入れが出来ない、売る先が確保できない、と大きく苦戦しているとのこと。廃業等も多くなっているそうです。
c0074553_08505621.jpg
c0074553_08510391.jpg
ひとつの会社では何ともできないということで、小さな会社が集まって、特産を詰め合わせで商品をつくる、といったことを実践した民間会社を設立。実質の運営はその人たちをつないだ、印刷関係の社長さん。
リスクを負って地域を盛り上げる活動です。
勝川や高蔵寺の街づくりにも通じる事なので、特に聞き入って聞いてきました。


石巻では仮設住宅も外から見てきました。まだ住んでいる方ももしかしたらいるかもしれない。
そんな話も聞いたうえで、仙台の新聞から。
c0074553_08513724.jpg
仮設住宅なので質自体をあげる、ということはままならないのでしょう。
こういった問題も、想定外だったはずです。
ここも、建築では考えないといけない部分です。

復興で大事なのは、やはり気に掛ける事。想うこと。それが現地に訪れることにつながります。
一番いいのは、やはり、その場に行く事。居る事なんだと思いました。



[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-20 23:40 | 地域の情報 | Comments(0)

思わず外に行きたくなるこの時期。
やっぱり、外は気持ちいいです!
c0074553_20281690.jpg
っということで、ままま勝川 中庭にテント設置です。
新しい zucotto もいい感じ♪


しかし、蒸しますね。めっちゃ汗だくに。



その後は、ランプマン展が行われている、TANEYAに。
cafe百時 一番テーブルからみるランプマンの世界。
c0074553_20281616.jpg
ものがたり がそこにはあります。
語りかけてくれますよ。



「この珈琲、奥深さは天文学的じゃ!」
c0074553_20281674.jpg
あれ、いつからランプマンはじーさんになったんだろう?(笑


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-17 20:29 | 地域の情報 | Comments(2)

この時期とっても華やかに一面を黄色の花が覆いますね。特に道路の法面や土手。
ちょいと派手な黄色です。コスモスの様ですね。

ただ、この花、特定外来生物「オオキンケイギク」なんです。
実はこの花は、繁殖力が強く、日本にもともとあった生態系を壊してしまうかもしれないという事。
「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(通称:外来生物法)」で、原則として、許可なく生きた個体(卵や種子などの繁殖可能性のあるものも含む)を飼養、栽培、保管、運搬、輸入等することが禁止されている外来生物です。国から指定を受けた132種(平成28年10月現在)が該当します。

ブラックバスとおなじで特定外来生物。

特定外来生物被害予防のためには、特定外来生物を「入れない・捨てない・拡げない」の三原則を守ることが大事です。
そのためには、駆除の際も細心の注意を払わなければなりません。植物の駆除の場合は、抜き取った後その場に放置して天日干しして枯れさせる、動物の駆除の場合は、その場で殺処分する等の対応が必要です。
とのことです。

「オオキンケイギク」基本的には、根から抜き取って駆除が相当のようです。

c0074553_21530834.jpg
っと、ある程度知っていましたが、なんと事務所の花瓶に入っている!!



大変びっくりしました。しかし、これが実態です。

知らない事はやっぱりよくないようです・・・。
社内でも情報をしっかり共有していきます。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-16 21:53 | 地域の情報 | Comments(2)

樹木からのアイデア

樹木からのアイデア

樹上でオオルリのさえずりが聞こえてきます。
爽やかですね。

さて、日曜日に樹木に詳しい方にちょっと教えてもらいました。
樹木の切株は撤去に手間がかかります。
腐りで無くなるには時間がかかるもの。
接ぎ木という手法ではないですが、そこから新たな芽が付くなら。
c0074553_08130876.jpg
c0074553_08130806.jpg
参考になったのは、こうなったものがあるからです。
桜の切株に、クロガネモチが生えています。
ひとりばえなので可能なんでしょう。
大きくなる木にはいいのかも。大きすぎることが無いので。

この紅葉の切口も腐食があります。
c0074553_08130775.jpg
ここに生け花のように、植栽を施すのもいいのかな、といったアイデアが出ました。
やってみようと思います。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-14 23:12 | 地域の情報 | Comments(0)

愛鳥週間 スタート

愛鳥週間 スタート

愛鳥週間が始まりましたね。毎年あるのでしょうが、今年はなんだか気になります。
もともと、野鳥が来るところにいるので、それが当たり前となっていますが、そのこと自体に関心があまりありませんでした。
なので、鳥も一般的なスズメ・ツバメ・ハト・カラス・ヒヨドリあたりが分かる程度からのスタート。
時に、めずらしい鳥に目が行くようになり、何かな?と調べ出してからでしょう、関心が向くと、身近にかなりの種類の鳥がいることが分かります。
「すぐそばに、これだけいるのか!」と驚くほど。

そして、その姿をみるにはやはり鳴き声が分からないと。
鳴き声が『バードリサーチ 鳴き声図鑑』http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.htmlといったアプリもあり、見つけるヒントも有ります。
また、鳥好きの方のブログに訪れるなんてことも、いまではできますね。


うちの庭では、小鳥が来るように、と水辺の提供、池をつくりました。
その池も、水場と地面を緩やかにつなぐような、ビオトープ的な中間地点が必要で、水浴びしているときにすぐに身を隠せる木々も必要とのこと。
そんな本からの指南もあってつくりました。
そこにもカエルをはじめ昆虫が来て。(ボウフラ対策の為メダカを入れました)、生態系も出来ているようです。
水浴びしに小鳥も来ているとのこと。

そういえば、ナショナルジオグラフィーも鳥特集です。
何がいいかって、鳥は飛んでくること。
他所から来ている点なんだそうです。確かに。


愛鳥週間、結構身近にいる鳥に関心が向くと、これまたいいと思いました。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-11 23:30 | 地域の情報 | Comments(0)

GW最後は庭木の手入れででした。

地表に木漏れ日がちゃんと届くように。
わさーっと枝が伸びている樹木。
ここを透かし剪定していきます。
刈込よりも時間もかかりますし、降りてきてイメージをしながら樹上近くまで登って行って枝をすいていきます。


造園家の荻野寿也さんの言葉に、樹木は上からみられるとかっこええよなあ。っというフレーズがありました。
高低差のある土地ならではの贅沢なもの。それは樹上の景色です。
樹上には、太陽をいっぱい浴びてる葉っぱの日の当たり方、やってくる野鳥たちもここに留まってさえずりもします。

さわさわと葉が揺れる。ゆらぎのある木々を見ながらな暮らしに。
c0074553_09165096.jpg

その為には、もっと手入れが必要です。
楽しみながら?出来るのか?(笑


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-06 23:15 | 地域の情報 | Comments(0)

なかなか出来ない事が出来るのもGWならでは。
薪つくりと、池の流れを直す事とやりました。
c0074553_22182444.jpg
これらを
c0074553_22184788.jpg
長さをカットいていきます。それをすぐに割るのではなく、風雨にも晒して自然乾燥。
約一年置いておく。その後割って、雨に当たらないところで約一年置いて薪の完成に。
一旦風雨に晒すのがいいそうです。薪の達人が言っていた、との話でした。(笑

c0074553_05574765.jpg

池は流れの元の水中ポンプの掃除です。
水量が減ったのはつまりの所為でした。
それを直して、流れるようにして、水コケをとってていう作業です。
でかいヤゴの抜け殻が!
先程オニヤンマが止まっていたので、羽化しのかも!

此処には、ヒキカエルが卵を産みます。
ヤゴもおたまじゃくしを捕獲、食べてました。
メダカは増えたり減った。
食物連鎖もちゃんと起こっている様です。
観察には事かかない。(笑
小鳥も来ないかなあ。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-04 22:15 | 地域の情報 | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。