カテゴリ:家づくりのこと( 820 )

報酬型インターンシップで来てくれていた中部大学の学生。今日が期間の最終日でした。
弊社では、いろいろな事をとにかくやってもらいます。

c0074553_21404122.jpg

自分自身の体験からの影響ですね。
学校では決して教えてくれないような、とっても魅力的ででっかい世界をちょっとだけみる事が出来た。これがアルバイトの時でした。

建築の世界は窓口がとても広く、つながり方も、表現の仕方もいっぱいありますし。
びっくりしたもんなあ~。

少しでも、そこに近づいたら。と。


c0074553_21404393.jpg

自分で考えて一つのカタチを導き出す。
そんな体験を実際にやってもらいます。
というわけで、ラストミッション。
いいカタチ見つけてよ!!
そして、ちょっとでも世界が広がるきっかけになれば!


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-04-03 21:41 | 家づくりのこと | Comments(2)

春を満喫

春を満喫

という事で外での作業です。
レモンの木の剪定で発見!
モズのハヤニエです。
c0074553_21501964.jpg

大きなバッタなので、夏から秋にかけての時期なのでしょうか。
モズはたまに見ますが、ハヤニエは初めてです。
花もいっぱい咲き出してますね。
c0074553_21511007.jpg

気持ちいいですよね。花粉は感じながらなのですが。

午後からは本格的な修繕作業。
木杭で留めていた庭の一部をコンクリート製に変えました。
土工事はきついでdm

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-03-18 21:46 | 家づくりのこと | Comments(2)

瀬戸の家完成見学

瀬戸の家完成見学会です!

c0074553_07300243.jpg
c0074553_07301400.jpg

こちらは10.5坪とコンパクトな平屋。

c0074553_07303234.jpg
c0074553_07304948.jpg

母屋と同一敷地内に並んでいます。

住まう人との関係、周りの関係もいいですよね。

その器のおうちもいいですよ!



今日は3/3 ひな祭りですね。

c0074553_07310942.jpg


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-03-03 23:26 | 家づくりのこと | Comments(0)

わざわ座 大工がつくる家具 
わざわ座 大工がつくる家具のスツールです。
そのスツールをオイルで塗装しました。これは杉材。
c0074553_17004929.jpg
杉材も天然乾燥で仕上がった材なので、木の色目がとても上品な色合いになっています。
オイルを施すと、とても色が引き立ちますね。
スツールはスタッキングできるので場所を取りませんし。
雨の中、下小屋で仕上げていました。
オイルも天然素材を主成分としたもの。
その中でも乾燥が早いタイプを使用しています。
下小屋も意外に空いていないので出来るときにやらないと。

部屋の雰囲気になじむと思いますし、すわり心地もいいです。
家具も大事な暮らしの要素ですから。
大事に。
[PR]
by kawaikenchiku | 2018-01-08 17:01 | 家づくりのこと | Comments(0)

気分転換に『研ぎ』

ふとしたことに集中するのがいいようです。

休み明けの月曜日は現場も動き、連絡調整等、電話連絡含めいっぱいあります。
一方で、その場で結論が出ず作業を要するものも多いものです。
早く方向性を出さなくてはいけません。

考えがまとまらない事も多く、少しリセットする時間も必要なようです。
ふとしたことに集中するといい、と聞いたことがありますので、そういった事を。

刃物を研ぐ、というもの一つです。
えー!なにそれ!
と思われますが、これがまたいいものなんです。
c0074553_20342307.jpg
大工は刃物を使います。
鑿(のみ)、鉋(かんな)などは切れなくなると危ない事も有りますし、一番は仕上がりに影響します。
そういった時には、砥石で研ぎます。

研ぐにはそれなりに準備がいるので、普段から準備をしておくのも方法です。
研ごうと思ってもすぐには出来ないのです。
砥石に水を含ませないとうまく研げない。
砥石を水に入れて保管。これは究極の準備ですね。(笑


単純な繰り返しの作業。
ですが、切れ味が鋭くなる、嬉しい事が待っています。
これはとってもすごい、気分転換でもあります。
脳科学的に実証されているようですよ。効果のある気分転換に。
プチプチをつぶす、といったものに近いのかな?


大工の知恵、すごいですよね!


そういった姿を見ていますので、ワタクシも偶に刃物研ぎをします。
これがまた、奥が深い。
ついつい遣り込んでしまいます。
ふと、みたら指先から血がにじんでいました。
スパッと切れるようになったということなんでしょうけど、怪我しちゃいけませんね。(涙





[PR]
by kawaikenchiku | 2017-12-11 20:35 | 家づくりのこと | Comments(0)

樹と暮らす 本が来た!

樹と暮らす 本が来た。

c0074553_23412187.jpg

著者の有賀恵一さんのところで積まれ乾燥した板、家具となった木々といった実物を見せて頂いた樹を改めて調べてみる。

スケッチがまたいいです。コラムの様なエピソードも。

c0074553_23414699.jpg

柿やみかんぶどうといった果樹を使った家具も紹介がありました。

ただただ、感嘆詞。

!!!


[PR]
by kawaikenchiku | 2017-12-08 23:40 | 家づくりのこと | Comments(4)

いろいろな木をみて選んできました!
ワークショップで使用する為の『日本の木』を実際に見て発注する目的で、長野県伊那市の有賀建具店、有賀さんのもとへ行ってきました。
c0074553_21235314.jpg
雄大な雪化粧をし始めたアルプスの姿も。雄大に心顕れないわけがありません。
c0074553_21235324.jpg
c0074553_21235243.jpg
大量なちゃんと綺麗に桟木で自然乾燥させてある木の版。
木が大好きで大事にされているからこその姿でもあります。

大事にされた木を使って、ワークショップで使わせてもらいます。こちらも楽しみです!

実際に建築で使われている木は実はほんの一握り。
ごく限られた種類の木々しか活用されていません。
それにはそれなりの理由がありました。
ですが、技術も進み流通もできる現在、使い方の工夫も含めれば、使えないものこそ実は少ないのかもしれません。
それを実際の目で見てきました。
いろいろな木の使い方。使われた家具や建具。
とっても魅力的です。
そして何ともいい感じ。この感じを是非とも知って頂きたいと思います。
感じてほしいです。


ちなみに、有賀さんの想いは本というかたちにもなっていますので。是非こちも。
c0074553_21235155.jpg

[PR]
by kawaikenchiku | 2017-12-06 21:29 | 家づくりのこと | Comments(0)

瀬戸の家 屋根仕舞終わりました

建て方、屋根仕舞の工程が一区切りしました。これで雨が降っても大丈夫。
空間をつくるってことは大変なエネルギーがいるものです。しみじみ。(笑

さて、今回の瀬戸の家の離れ。10.5坪ととてもこじんまり。
設計は母屋と同じ丹羽アトリエ。
仕様もほぼ同じとなっていますが、工夫はとっても多いです。
その一つが軒の出の確保の仕方。
大きな垂木を使わずに、厚板の方向を流れ方向にして上に垂木を乗せることで強度を持たせて、軒の出1100mmをつくる。
なかなか出来ない逆転の発想です。
垂木は屋根を支える構造体でその上に厚板を乗せるもの。
そう考えがちですので。
c0074553_09174204.jpg
c0074553_09174369.jpg
屋根断熱の考え方もハイブリッドなんですよ。垂木がるところは垂木間断熱。
棟に近いところは垂木が無いので断熱の上に通気垂木を乗せて空気の通り道を確保しています。


[PR]
by kawaikenchiku | 2017-11-17 23:17 | 家づくりのこと | Comments(0)

ジャパンホームショー2017「大工の手」展に参加します!


ジャパンホームショー2017「大工の手」展
2017.11.08
わざわざ、やろうよ。一緒に。
c0074553_21485086.jpg
昨年に引き続き今年も参加します。そのスツールを先日発送しました。

どんなスツールかは、お楽しみに。
c0074553_21485380.jpg
街に対してひらく、といったコンセプトでのアイテムもお目見えするとか。
自分はちゃっかりその前に見る機会がありました。

※残念ながらジャパンホームショー2017に見に行く事は出来ません。
いろいろな発見があるので、出来れば行きたいのですけどね~。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-11-10 21:50 | 家づくりのこと | Comments(0)

工務店の風景

『工務店の風景』
新建新聞、新建ハウジングのフリーペーパーです。
記事にUPしたつもりでしたが、まだでしたので改めて。
c0074553_08352124.jpg


全国誌の雑誌でTANEYA、ままま勝川の事、ウチといった工務店の出来る事を記事にしていただきました。
ちなみに表紙はTANEYAにあるcafe百時。その日常の風景です。
c0074553_08352049.jpg
c0074553_08352063.jpg
街と向き合うことで出来る事、その中での建築、工務店の出来る事はもっともっとあるような気がします。

この雑誌に載っているのは各地でそれぞれの方法で活動されている工務店の皆さん。
少しでも、工務店の風景が伝わると嬉しいです。

[PR]
by kawaikenchiku | 2017-11-05 23:32 | 家づくりのこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。