カテゴリ:家づくりのこと( 842 )

ヒートショックを和らげるには

すまいの中での温熱環境を如何によくするか。分かりやすい表現なら、より快適にするか。

ひとつは、ヒヤっと冷たく感じないように、というものです。


特に浴室は効果が高いように思います。
ユニットバスにするという選択肢以外にも、こういった事でもできます。

床のタイルの模様替え。
c0074553_21410789.jpg

タイル冷たいもの。その思い込みを外せるものがこちらのサーモタイル。
気泡を多く含んでいるので、ヒヤッとした冷たさがありません。
空気はとってもすぐれた断熱材ですので。
その空気を気泡で取り込んだタイル。

そのタイルで張りなおします。
c0074553_21410782.jpg
c0074553_21410781.jpg
床の色が明るくなるだけで、全体の雰囲気も変わりました。
ゆっくりお風呂タイムを楽しめそうです♪

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-17 21:41 | 家づくりのこと | Comments(0)

金魚がなんだか調子悪いようです。
風邪ひいたかな?

金魚には専用のヒーターがあり、それを入れて水温を18度以下にさげないようにしないといけないようです。
ちなみに、そのヒーターの多くは「ヒーターは消耗品です。1年で交換してください」とあります。

通電していると発熱するのですが、激しい地震等があった時に水槽が割れ、外に出たヒーター。停電中はいいのですが、停電が解消した場合、このヒーター発熱しっ放し。
床材といった可燃物に長時間発熱物が触れると・・・。
恐ろしいことになりますね。

このことは、以前FBで友人の方に教えていただきました。
確かに。
そこには漏電遮断器付きの分電盤に取り替えがいいようです。


電気工事が発生する為、なかなか出来ないのも事実です。
器具にこの機能が付けばいいですよね。
c0074553_21160840.jpg

そう思っていたら、今回お店でみたものには安全カバーが付いていました!
安全機能付。
どこまで本当かはさておき、今使っているものよりは数段信頼できます。

ということで、取り替えます。


安全はやはり優先すべきですね。



PS:ぺヤングソース焼きそば。なんだか流行っているそうで、17歳児が御所望。
インスタント焼きそばはほとんど食べた事が無いけどなあ。




[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-16 21:17 | 家づくりのこと | Comments(0)

玉野の家 こちらの撮影でした。

c0074553_22373600.jpg

(この写真は みのわ建築工房 箕輪さんの)

ちょいとお借りして



今日は近くの神社の秋祭り。

わっしょいの掛け声と、ドーンというとてつもないでかい音と。

なんと火縄銃の音とか!

c0074553_10320661.jpg
c0074553_10320683.jpg

写真も音がすると面白いのに。

c0074553_22375754.jpg

カメラマンのアングルは相変わらず的確で楽しい発見がありますね!

c0074553_10320759.jpg
c0074553_10320795.jpg

仕上がりがとっても楽しみです。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-14 22:36 | 家づくりのこと | Comments(0)

綺麗な『青いタイル』に魅せられて
c0074553_16382454.jpg
昭和な印象の洗面所をちょいとアレンジ。
青いタイルは、プロトビさんのオリジナルタイル。
c0074553_16382461.jpg
色むらのある深い青に魅せられました。
c0074553_16382459.jpg
白い磁器にぴったり!
c0074553_16382411.jpg
漏れない目地が汚れない、といった機能性UP。それでいてなんか懐かしい。

写真をUPしていませんでしたので、改めて。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-13 16:39 | 家づくりのこと | Comments(0)

造園ワークショップは『コケはり』

玉野の家は家が出来、樹木が入り、畑もできました。
そこまでは当然ですが、職人さんが入りプロによる仕上げが施された住まいです。

さらに、「この木を植えたい」とリクエストで、数本を取り寄せました。
それらを植える事と、「コケ」を張ることをワークショップで一緒に行いました。
c0074553_19100829.jpg
コケが入ると途端に熟成感が増します。
こういった事は、『大泉寺の家』で造園家の荻野寿也さんの監修の造園ワークショップを経験して分かった事。


コケはスギゴケ。スナゴケの方が乾燥、日当たりに強いので、そちらを押したいところです。
ですが、感じからの押しは杉苔。
造園屋さんに相談したところ、生産農家が日当たりの良いところで杉苔をつくっているから、大丈夫とのこと。
一般的な教科書より、この地域の経験のある職人さんのアドバイスを優先しましょう。

ということで、杉苔を貼っていきます。
c0074553_19100800.jpg
c0074553_19100730.jpg
苔がはいったムラサキシキブのあたり。
c0074553_19100877.jpg
こちらは入る前


石と樹木に囲まれた部分に苔が入れば、以前からあったような時の流れを取り込むことができ、より自然な感じになりますね。

c0074553_19100785.jpg
楽しかったね~!



[PR]
by kawaikenchiku | 2018-10-06 19:13 | 家づくりのこと | Comments(0)

こちらの地方でも前回の台風被害はありました。
その対応に建築関係者はてんやわんや。

知り合いの方を通じての相談であれば行かないわけにはいきません。
とはいえ、地域性のある職でもあります。
現場から近い方が、何かと対応は早いもの。

とはいえ、建築は縦社会。施工会社ごとの括りがあるのも事実です。


今回は、ここ春日井からはちょっと離れた一宮です。
やはり、春日井からよりも一宮の業者さんの方が小回りが利きます。

間に入ってくれた仲間に感謝しつつ、大工さんを繋いでもらいました。
c0074553_21343063.jpg
「2階建てで幅4間半、立ち6.5mの壁面が飛んでます。リブトタンです。足場が要ります」
電話での簡単な説明でもお互い分かる、専門用語でも大丈夫。
困っているもの同志、補えるのも同志だからかもしれません。

こんな電話でも最後に、「お互い頑張りましょう!」と。(笑
似た者同志なんでしょうね。


仕事を丸投げするのではなく、仕事を区分し助け合う。責任もしっかり分担します。
建築関係者のよさが出たとおもいます。

頑張らなきゃね。




間もなく次の台風がやって来ます。




[PR]
by kawaikenchiku | 2018-09-27 21:39 | 家づくりのこと | Comments(0)

「木の箱」


ようやく天気が回復してきました。体調管理も難しいです。これだけ気温差と湿度も多いので。
ブログも又再スタートといった感じですすめていきます。

さて、今日はこちら。
「木の箱」
c0074553_20461386.jpg
この木の箱は機能としては、子どもが学んで楽しめるもの。という機能です。
いわゆる「木のおもちゃ」
こんな感じのものを、とのリクエストだったので、大きさから決めていきました。

せっかくなので、子どもにとっても、いいカタチになるようにしたいで。
プロポーションも白銀比を取り入れています。
黄金比はちょっと合わなかったので。

立体になったこの箱、シンプルですが、なんとも不思議なユーモラスさもありますね。


こんな木のおもちゃもつくれる。
いい環境になりますよ。

おひとついかがでしょうか?オーダー受けますよ(笑



[PR]
by kawaikenchiku | 2018-09-22 20:46 | 家づくりのこと | Comments(0)

手をかける事

手をかける事

ちょっとした不具合は何にでもありますね。
そんな不具合も手をかけられるものなら、したいところ。
木造なら以外にできるものです。

こちらは椅子。
家具も木造ですから、ちょっとした事なら出来ますね。
c0074553_22200844.jpg
背もたれ部分のホゾが緩んでいます。
木工用ボンドを入れてバイスで挟みます。
しっかり固まるまで時間はかかりますが、治ればいいですものね。




[PR]
by kawaikenchiku | 2018-09-16 22:06 | 家づくりのこと | Comments(0)

八月を振り返る

八月を振り返る

もうすぐ八月が終わります。夏休みももうちょっとですね、子どもたちの。
この夏はとにかく気温が高く、特に体温以上の日々が続きました。
7月の連続38度越えの時に建て方を行なった事も有り、疲れも出ているようです。

忘れてならないのが、今年の2月が異常に寒かったこと。
こちらは平均気温以下でしたね。
給湯器の凍結による水漏れも相次ぎました。
体調を崩される方もとても多かった。

平均気温と比べると、2度までいかない差なんでしょうけど、その数度の違いが及ぼす影響はかなり大きいようです。
それは低い方も高い方も同じですね。

少なくとも、家はその差が少なくなるような快適性がなおさら求められます。
ですので、気密断熱調湿はセットで考えていかないといけません。


石尾台の家は土壁仕様です。
建物の中に入るとひんやりします。
それはつくっている途中で実際に体感として感じます。
リフォームの案件でも断熱はやり直すこととしています。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-08-29 23:12 | 家づくりのこと | Comments(0)

若手にエール

台風が過ぎましたが、台風一過とはいかず高温多湿な一日でしたね。
蒸し暑く、なかなかしんどいです。

さて、現場では若手が入って作業してくれていました。
c0074553_08131472.jpg
彼の父親と同世代ですから、さらに応援したくなります。
ただし、手元をみていると危なっかしく、知恵を使って、と拠り所となるところの知恵が不足。
ちょっと手を貸したくなります。
アドバイスで押さえないと、いけませんが、現場では作業性や効率、仕上がりも大事です。
アドバイスには、やはり身振り手振りとなります。
伝える側の想いは、ちゃんと伝わっているのだろうか?

っと一方的にふと思いましたが、これは自分の時も同じなんでしょう。
まわりの温かい目、いまさらながら思われます。

仕事は人を育てます。
遊びも心を育てます。
ただし、それらを自らやらないと。

頑張れ。自分を含めて。




[PR]
by kawaikenchiku | 2018-08-24 23:08 | 家づくりのこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。