人気ブログランキング |

カテゴリ:家づくりのこと( 858 )

暮らしの器にあったテーブルは?

暮らしの器にあったテーブル?
建築の部分はいろいろ出来る事も多いですが、暮らしのその先までお手伝いできるのはとても嬉しいことです。
『玉野の家』この家での暮らしがはじまったとき、すぐには出来なかった、テーブルの打ち合せ。
写真はセレクト前のこのテーブル。
暮らしの器にあったテーブルは?_c0074553_10425234.jpg
暮らしの器にあったテーブルは?_c0074553_10382169.jpg
素材選びと大きさを暮らしぶりに合ったもので、と打ち合わせできました。
ちなみに素材は『クヌギ』
暮らしの器にあったテーブルは?_c0074553_10382018.jpg
クヌギは馴染みの多い樹種でもあります。どんぐりの木、カブトムシの木としてだったり、しいたけの原木であったり、薪であったり。
里山を代表する樹種です。
そして重い。樫に似ていますね。ブナにも近い印象です。
カンナで仕上げられた面は反射して輝きを放つところもあってとっても美しいです。

アプローチを兼ねた庭
暮らしの器にあったテーブルは?_c0074553_10382162.jpg

ムラサキシキブが!月夜に何とも会いますよね~。




by kawaikenchiku | 2019-09-23 10:45 | 家づくりのこと | Comments(0)

台風の影響 甚大に 

 台風の影響、その後の報道で被害状況がとても大きいです。
風の強さが甚大だったとはいえ、大きな屋根をも吹き飛ばされ、その姿は痛々しい。
倒壊したもの、壊れたものは、まずは撤去しなくては修繕もできず、その撤去にも手が回らない状況では・・・。

建て方の時には、屋根仕舞といわれる、屋根の防水までが出来て初めてホッとできるもの。
それほど屋根への重要度が高いものです。
その屋根が簡単になくなっている。

天候は待ってくれず、変化していく。
雨もあって、被害は大きくなっていきます。

エネルギーとくに電力が無いと生活そのものが成り立たない。
改めてそのことを見せつけられるようです。


災害にも強くあること。拠り所となる事。
『家』にはそのことまでも求められてしかるべきということなんですよね。



by kawaikenchiku | 2019-09-19 21:17 | 家づくりのこと | Comments(0)

瀬戸の家の年間管理で、庭の植栽手入れをしてもらいました。

なかなか出来そうで出来ないのが、「保つ」ということ。

成長する草木の状態を知らないと出来ません。
庭師さんはよく知っています。

瀬戸の家 庭師さんによる手入れ_c0074553_21205581.jpg

ナンキンハゼの実がなっていました。
シンボルツリーになっていていい感じでした。

瀬戸の家 庭師さんによる手入れ_c0074553_21205521.jpg
ひとりばえの木を上手に活かしてくれたんですよ!!
瀬戸の家 庭師さんによる手入れ_c0074553_21205613.jpg
生垣には、クチナシ。

季節の移ろいが香りと色で感じられます。

庭師さん、有難う!


by kawaikenchiku | 2019-09-12 21:21 | 家づくりのこと | Comments(0)

お盆休みも終わり、通常運転!

っといきたところですが、モードはすぐには切り替わりませんね。


外構工事が完成した、石尾台の家に寄りました。

石尾台の家 外構工事が終わりました_c0074553_22505063.jpg

石尾台の家 外構工事が終わりました_c0074553_22505442.jpg

「ここには樹木を植えたいところ」

そんな場所に杭がありました。

結構いっぱい生えてます。(笑

木々は楽しみながら植えていけばいいですもんね。

庭も家も家族だって、ゆっくり育っていく、そんな  ウチ   です。



先フル(先にフルーツ)は完熟メロン!

美味しい!



by kawaikenchiku | 2019-08-16 22:49 | 家づくりのこと | Comments(0)

採れたてシリーズに追加です。

庭のある暮らし    採れたてシリーズに追加です。 _c0074553_05335237.jpg

ズッキーニとトマトの炒めもの、きゅうりはたたきで胡麻油と甘酢でサッパリ。いぼいぼの昔きゅうりは塩揉みで。ナスは味噌焼き。添えたキャベツにはバジルを香付けで。

先フルはラズベリー。

これらは、庭の畑からです。美味しい。

庭のある暮らし    採れたてシリーズに追加です。 _c0074553_05335389.jpg

バカルディブラック(ラム)を炭酸割りにして、香りを楽しみながら。


こちらも取れたて。

庭のある暮らし    採れたてシリーズに追加です。 _c0074553_05341859.jpg

庭のある暮らし    採れたてシリーズに追加です。 _c0074553_05344780.jpg

網戸をとおり過ぎるちっこい虫。

顕微鏡で観察です。

ムムム

ミクロの造形はすごい!(笑




by kawaikenchiku | 2019-06-22 23:32 | 家づくりのこと | Comments(1)

木の家スクール名古屋2019
第1回目が名古屋工業大学の藤岡研究室のサポートで始まり、参加しました。

木構造の設計 と シロアリ のこと
木の家スクール名古屋2019_c0074553_21070176.jpg
木の家スクール名古屋2019_c0074553_21070250.jpg

『なぜそこにシロアリがいるか』と題した講義は刺激的過ぎました!
(観察クラブ会員にとっては特に。(笑)

シロアリの事を知らないと対策なんて出来ませんね。
効果のない事や対策が、いかに広まってしまっているのか、が分かります。
木の家スクール名古屋2019_c0074553_21070249.jpg
木の家スクール名古屋2019_c0074553_21070253.jpg
木の家スクール名古屋2019_c0074553_21070290.jpg
基本的には、白アリは3タイプ。
8割方がヤマトシロアリであり、そのシロアリは地中に基本的にいるもの。
密閉されたところが大好きであり、木の腐りや湿気とは直接の因果関係は無いようです。
それは肌が薄く弱いことからであり、光に弱い訳ではない。

ヤマトシロアリを排除するというより、むしろ知った上での対応が上策なようです。
そして、一番大事なことは、点検が出来るようにしておくこと。
隠ぺいすることが一番ダメなようです。
木の家スクール名古屋2019_c0074553_21070236.jpg
隠ぺいは、防草シートやコンクリート、モルタル、さらには配管の保温材、断熱材など様々です。
ただ、彼らがいなくなると自然界は大きな損失になります。
セルロースを分解して、高タンパク質(アリクイが生きられるのも分かるように)となりその他の動植物に寄与する、そんな生きものでもあるからです。
衝撃ですよね!

by kawaikenchiku | 2019-06-01 21:08 | 家づくりのこと | Comments(0)

材木の展示会に参加

材木の展示会に参加しました。

材木は山の生産地から製材をへて流通され、材木屋さんを通じて、施工業者へ。
加工を施し、お客様へ渡ります。

材木屋さんには、ものと一緒に情報も集まります。

その情報を得るのが今回の目的のひとつでもあります。
材木の展示会に参加_c0074553_21105650.jpg
いろいろな木があるんですよね~。
材木の展示会に参加_c0074553_21105765.jpg
材木の展示会に参加_c0074553_21105723.jpg
材木の展示会に参加_c0074553_21105668.jpg


by kawaikenchiku | 2019-05-25 21:11 | 家づくりのこと | Comments(0)

玉野の家 一年点検

玉野の家 一年点検。

玉野の家の一年点検でした。とっても楽しそうな暮らしぶり。嬉しいです。
大きな軒先と庭のある暮らし。
玉野の家 一年点検_c0074553_21385180.jpg
土地探しからご一緒させてもらいました。もともと庭のあるゆったりした住まいが希望されていて、まずは地域を絞り込んで。
たまたま縁あって土地が見つかり、その土地にあった住宅を建て壊して新につくるか、それとも今の家を活かしてリノベするか。
この家はリノベに。

大きな軒先に造り替え、ほぼスケルトンにして建物の機能(構造的な強さ・温熱環境・導線や暮らしやすさ)を充実させて、さらにとっても大事な楽し暮らし方をカタチニして。
玉野の家 一年点検_c0074553_21385100.jpg
玉野の家 一年点検_c0074553_21385163.jpg

暮らしに彩が加わりましたね!
楽しい点検♪

by kawaikenchiku | 2019-05-18 21:39 | 家づくりのこと | Comments(0)

GWが終わって、流通も回復してきたのでしょうか、その方たちが頑張ってくれているのか、(後者でしょうね)頼んでいたものが届きました。
サンプルや材料です。
材木は流通無くしてこちらに入ることはありません。
入っても大丈夫なように、片付けを行いました。

材木はやはり生ものです。
乾燥も進みますし、曲がりも出てきます。
ひねり方もものすごいことになるものも!そうなると短くして使うしかない。

写真はウチの中で羽根を広げていたアゲハ。
GW後流通回復。材料が入る前に_c0074553_22504153.jpg

サナギで冬を越しました。
山椒についてた幼虫を育てて、サナギ化したものです。
こっちはまだ入っているようですね。
GW後流通回復。材料が入る前に_c0074553_22505162.jpg
GW後流通回復。材料が入る前に_c0074553_22504792.jpg



by kawaikenchiku | 2019-05-08 23:04 | 家づくりのこと | Comments(0)

浜松に行くので、折角ならっと寄らせてもらいました。


【下山梨の家 扇建築工房(設計・施工)】
この家の住まい手であり、断熱工事をはじめ今後の家づくりでも協力していける仲間でもあります。
家はとても豊かでした。
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19212189.jpg
その場所のいいところをピックアップしてより魅力的に。
うちからは『暮らし』が場所の魅力に呼応してはみ出していく、そんな大らかなものでした。
普段の暮らしがなんと豊かな!
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19212114.jpg
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19212113.jpg
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19212139.jpg
~ハンモックでたゆたむ~ 
~ペレットストーブで炎のゆらぎを~
~樹上を見ながら朝食を~
探し出すのが、なんと楽しそうか。

https://www.ougi.jp/



【ブログ友 ゆすらうめさんのお宅へ】
食をとっても大事にされていらっしゃる、そして楽しんでいらっしゃる方です。
つくる喜びは食だけでなく、表現するものにもどんどん広がって。書も素敵です。
暮らしを楽しんでみえて。
いいなあ~。
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19210803.jpg
書も頑張りなさい!(笑
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19210839.jpg
託していただきました。
印象的だったのが、「書が綺麗すぎる」というもの。もっとこう力強くと(笑









【天竜川治水記念公園 記念碑】
一度行って実物を見たいと思っていたところです。時間があったので、googlmapを頼りに行ってみました。
『吉阪隆正+U研究室』が生駒山宇宙館の前の頃のものだと聞いたことがありましたので、そうなると1972年ごろでしょうか?
ディテール1974年のものがありますので。
本でしかみたことがないものがどんなものなのか・・・。
吉阪建築がどんなものか・・・
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19225669.jpg
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19225721.jpg
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19225851.jpg
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19230037.jpg
ところが、地図で示した場所は石碑がある寂しい場所でした。
浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_19210835.jpg
とても残念ですが、国道の付け替えで吉阪建築は無くなっていました。
大竹重一さんの撮られたピラミッド型の模型。その実物だけでは・・・。




目的が忘れられて、
手段が目的になってしまうことが、
文明の最後のあがきであるらしい。
なぜそうなるのか。(建築雑誌1943年)


浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う_c0074553_23552090.jpg
手を動かす事。手をつかって考える事。
そこが決定的になくなっている。
その事に対しての警摘もこの本を書くきっかけになっています。
(中村好文さんのトークイベントの言葉より)




体験すること。手を動かす事。体をつかって考える事。
それを楽しんでもっとやること。
出来る環境にいるわけだから、もっともっと!

背中をもっともっと押されてしまいました!
♪楽しく一所懸命に、そしてもっと頑張れ!♪


by kawaikenchiku | 2019-04-25 19:25 | 家づくりのこと | Comments(2)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。