2018年 07月 11日 ( 1 )

焦げていきます。

日の光で焦げてきているようです。暑いですね。
さて、そういった中、小牧の家では庭木の槇の木を仕立てていきます。
『かたちをつくっていく』というものです。
c0074553_14343507.jpg
c0074553_14343662.jpg
c0074553_14343608.jpg
透かし剪定で枝を抜き、紐で引っ張って枝を下側に矯正していきます。
あまりに強くやってしまうと折れてしまうのと、水分をあげている時期でないと、固くなって曲がらない。
なので、暑くてもこの時期でしか出来ない、との事。

特にこのあたりは湿度が高く、蒸し暑い。
ハードな状況です。


門の前では、蓮の花がお出迎えしてくれます。
c0074553_14343671.jpg
蓮の花、3日ほどしか見られず、しかも午前中のみ。
よっぽどタイミングが良くないと出会えません。
綺麗な花ですね。
そして涼しげ。心洗われますね。

[PR]
by kawaikenchiku | 2018-07-11 23:37 | 家づくりのこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。