2018年 05月 18日 ( 1 )

石尾台の家 材木、柱が入りました。

大工の墨付け刻みも進み、梁に続いて柱に入ります。その柱材が入ってきました。
c0074553_06030245.jpg
柱はこのあたりのブランド材、東濃桧。特に産地も分かっていて(南飛騨、加子母の隣り)こちらも安心です。
そこから乾燥、製材をへて入ります。

c0074553_06031714.jpg
c0074553_06033191.jpg
刻み加工の材木。こちらは杉の梁材です。
一本一本墨が違うのが、すごいところ。
適材適所といわれる所以ですね。同じものがありません。


c0074553_06034172.jpg
今回の習字。
楷書に続いて今回は行書です。
こころを落ち着かせて書くのですが、3枚がいっぱいでした。
遠心林泉を会す。
素敵な言葉ですね。


[PR]
by kawaikenchiku | 2018-05-18 23:00 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。