人気ブログランキング |

浜松に行くので! 下山梨の家見学&大事な人と会う

浜松に行くので、折角ならっと寄らせてもらいました。


【下山梨の家 扇建築工房(設計・施工)】
この家の住まい手であり、断熱工事をはじめ今後の家づくりでも協力していける仲間でもあります。
家はとても豊かでした。
c0074553_19212189.jpg
その場所のいいところをピックアップしてより魅力的に。
うちからは『暮らし』が場所の魅力に呼応してはみ出していく、そんな大らかなものでした。
普段の暮らしがなんと豊かな!
c0074553_19212114.jpg
c0074553_19212113.jpg
c0074553_19212139.jpg
~ハンモックでたゆたむ~ 
~ペレットストーブで炎のゆらぎを~
~樹上を見ながら朝食を~
探し出すのが、なんと楽しそうか。

https://www.ougi.jp/



【ブログ友 ゆすらうめさんのお宅へ】
食をとっても大事にされていらっしゃる、そして楽しんでいらっしゃる方です。
つくる喜びは食だけでなく、表現するものにもどんどん広がって。書も素敵です。
暮らしを楽しんでみえて。
いいなあ~。
c0074553_19210803.jpg
書も頑張りなさい!(笑
c0074553_19210839.jpg
託していただきました。
印象的だったのが、「書が綺麗すぎる」というもの。もっとこう力強くと(笑









【天竜川治水記念公園 記念碑】
一度行って実物を見たいと思っていたところです。時間があったので、googlmapを頼りに行ってみました。
『吉阪隆正+U研究室』が生駒山宇宙館の前の頃のものだと聞いたことがありましたので、そうなると1972年ごろでしょうか?
ディテール1974年のものがありますので。
本でしかみたことがないものがどんなものなのか・・・。
吉阪建築がどんなものか・・・
c0074553_19225669.jpg
c0074553_19225721.jpg
c0074553_19225851.jpg
c0074553_19230037.jpg
ところが、地図で示した場所は石碑がある寂しい場所でした。
c0074553_19210835.jpg
とても残念ですが、国道の付け替えで吉阪建築は無くなっていました。
大竹重一さんの撮られたピラミッド型の模型。その実物だけでは・・・。




目的が忘れられて、
手段が目的になってしまうことが、
文明の最後のあがきであるらしい。
なぜそうなるのか。(建築雑誌1943年)


c0074553_23552090.jpg
手を動かす事。手をつかって考える事。
そこが決定的になくなっている。
その事に対しての警摘もこの本を書くきっかけになっています。
(中村好文さんのトークイベントの言葉より)




体験すること。手を動かす事。体をつかって考える事。
それを楽しんでもっとやること。
出来る環境にいるわけだから、もっともっと!

背中をもっともっと押されてしまいました!
♪楽しく一所懸命に、そしてもっと頑張れ!♪


Commented by weloveai at 2019-04-25 19:40
素敵なお宅を見学された帰りだったのですね。

アハハハ
私の写真はいい所だけ切り抜くから楽屋裏は写らないと言ったでしょ~。
修正がないので年相応に・・・仕方ありませんね(笑)
親子ほど年が違うのに、よくいらしてくださいました。
楽しい時間でした。


Commented by kawaikenchiku at 2019-04-25 23:15
> weloveaiさん
とっても素敵な時間でした。ありがとうございました。
地に足のついた、そして大事にされている暮らし。みせていただき、やっぱり。
醸し出されて軽やかな香り。
ファンができるわけですね!
重ねてありがとうございました。
またぜひお会いしましょう!
by kawaikenchiku | 2019-04-25 19:25 | 家づくりのこと | Comments(2)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。