手書きの文字

手書きの文字

今日は習字の日。時間も1時間と限られています。かける枚数はせいぜい5枚。
息を潜めて黒い墨と白い半紙に向かいます。
その中で最後の一枚が大体「出来た!」となれば。今日は「出来た!」
c0074553_05174378.jpg
たまたま、習字の後に仲間の事務所で打ち合わせでした。
書いて来たこの書を見て、「こんな字書けるなら鉛筆の字も習ったら?」
あ!鉛筆の字は特に独自の様です。誰の字か分かりますね。(苦笑

製図も手書きで育った世代。
随分と文字の事は言われました。製図用の文字はいわば、テンプレートです。
誰もが読めて、誰もが書ける文字。
ですから、誰が書いても同じ様になる様に、なるべく四角くかいていきます。
明朝体の様にハライもないし、ゴシック体に近いですが、少し潰れてなるべく四角に丸文字風に。
図面用の文字が普段の文字になったひとも何人もみて来ました。
丸文字も学校の時に流行りがあったなあ。
子供の頃、習字習っているひとも多かったろうに。
文字も独自の世界ですね。
進化したのか分かりませんが、普段書いている文字は、「これは河合の書いたもの」とすぐにわかるそうです。
ちなみに図面の時には怒られました。「ちゃんと綺麗な文字書け!」と。(笑

季節の言葉が入る課題。
花を栽て太平を楽しむ。
造園ワークショップで木を植え、花に目をやる事があったので、ぴったりです。
明日からのゴールデンウィークもちょっとはそんな時間になりますね。



[PR]
Commented by weloveai at 2018-04-28 07:19
おはようございます。
素晴らしい!!
丁度、前回の書の写真と比較できて進歩がはっきり分かります。美しく力強い作品です。
鉛筆の字と書の字と私も違います。
同じ様に綺麗に書く方が羨ましく思いますが、
読めない字とは違って字で人柄が分かる気がします。
私の先生も鉛筆の字は個性的です。

Commented by kawaikenchiku at 2018-04-30 15:28
* weloveaiさん
進歩しましたね!自分でもわかるようになりました。以前より上達はしているようです。
先は長いようですが(笑
書の世界はとってもいいですね。こちらも表現の仕方の一つです。
鉛筆の文字、人柄も分かりますね。
ホントホント。(笑
by kawaikenchiku | 2018-04-27 23:50 | Comments(2)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。