人気ブログランキング |

夏休み明け 仕事再開!

夏休み明け 仕事再開!

お盆休みが明けました。今日からまたまた仕事モードです。
「休みはどうだった?ゆっくりできた?」
そういったたわいもない会話がとっても嬉しいものです。

さて、工場での墨付け刻みも、梁桁に移っています。
こちらは、大断面の桁行方向の梁、3本つなぐ構造です。
このつなぎ方は、『金輪継』
c0074553_19425174.jpg

参考に
金輪継(かなわつぎ)とは、木造建築における継手のひとつ。
同形の両部材の口にT字形の目違いをつけて組み合わせ、栓を差して固定する。
伝統的継手の中でも強固なもののひとつで、あらゆる方向に強度が得られるため、柱や梁、桁をつなぐために用いられる。

合板や金物を使った工法ももちろんあります。

ここでは、この工法が出来る技術が大事。
分かっていても使われなければ、技術はついてきません。
そこも含めた、木の家なんです。


さて、大泉寺の家でも現場は続いています。
こちらは、外部の羽目板取り付けの段階。
一枚一枚に、本実という加工が施されていますので、一枚一枚張っていく事になります。
c0074553_19432126.jpg


その羽目板と換気扇や排水の為の配管といった、貫通部分がありますよね、その水仕舞といった事ももちろん行われた上での板張りです。

水の関係はとてもデリケート。
ちゃんとした、関係をつくらないと雨漏りの原因になりますので。

そんな事をやりつつ、行われるたわいもない会話。
これがあって初めて、仕事のメリハリがつくといったものですよね。
by kawaikenchiku | 2016-08-17 19:43 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30