人気ブログランキング |

『稲沢の家』 空気が通る事。

風を通す

風を通すこと、いろいろ意味がありますね。居室の通風も居心地の中で大きな事。
その居室をつくる壁も同じです。


外壁には通気層を取るようになりました。
湿気がこもらない、外壁にカビが生えにくい、壁の中での結露も起きにくい、など。
もっと詳しく説明すると断熱材との組み合わせや、壁の仕上げ面といった、組み合わせが重要なんですけどね。


もう一つ問題もあります。
通気させるとすると、『虫』も自由自在に入ってきます。

白蟻といった害虫よりも、むしろ蜂などが心配かな?
スズメバチといったデカイのは無理でしょうけど、ドロバチぐらいなら可能性あります。
いろいろなハチもいますので。
虫よけ、あるに越したことありませんよね。

そこでこれ。
c0074553_2063416.jpg
通気材の間に、ハニカムになっている物を入れておきます。
たったこれだけで虫は入りません。
ちょっとした事なんですよ。
Commented by weloveai at 2012-10-05 08:57
>通気材の間に、ハニカムになっている物を入れておきます。
素人にはよくわからない(笑)
専門用語の解説を。
Commented by kawaikenchiku at 2012-10-05 21:00
*weloveaiさん
すみません、ハニカム構造、段ボールの断面を見てくだい。うにうにと波打った穴が開いていますね。
ハニカム構造、正確には正六角形または 正六角柱を隙間なく並べた構造、ちょうど蜂の巣です。
それが重なってあるようなものです。
段ボールを5枚ほど重ね合わせた感じです。
by kawaikenchiku | 2012-10-03 20:06 | 進行中の建物のこと | Comments(2)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。