人気ブログランキング |

春日井市長(地方行政トップ)との座談会

春日井商工会議所青年部として、市長との座談会があり、15名と市長という形で市役所庁議室にて行なわれました。
予定の1時間を大きく延長し、1時間半。
会として今年度行なった事業の中、創立30周年記念では、『みのもんた、東国春宮崎県知事』両名を呼んだ講演会や記念式典、春日井まつりでは、子供たちへの『職業体験、キッズランド』、出会いの場の提供である『恋のダイサク、恋のハッピー大作戦』と大きなものを報告し、今年度の方針や、今後のお願いもさせていただきました。

その後は零細・中小企業の現状について、と若手経営者として、行政長との直接の意見交換。
非常に有意義だったと思います。
・現在、春日井市が行なっている、市としての企業誘致やその誘致に対して市街化調整区域での特区、調整
・国が行なっている、中小企業への助成金制度(用途や、金額が大きすぎたり、使いにくい)→もっと小分けに使いやすく(額や用途とも)
・零細・中小企業への課題である、若い人の雇用を促進できるような制度→市内の学生を職業体験数か月トライアルできるとか
・外部企業誘致ではなく、いなくならない仕組み→法人税の引き下げ
・アクションプランの現状とあっていない点の現場からの声
・駅前の整備計画
・地域の人口格差 人口分布、市内での人口割合や、分布のばらつき(高蔵寺ニュータウンの極端な少子高齢化と人口減少)の課題
・街の魅力、利便性の追求というより、不便だけど歩くと楽しい→主要駅から大学といった若い人が通る地区にお店が並ぶよう、都市計画上の用途地域の変更
・市としての将来像
・子供が生まれたときの助成制度や育児休暇による助成制度など知っていればとても有効なものがあるが、認知不足なのでは。
など、盛りだくさんでした。
こういった機会を通じ、その意見が反映されること、さらには機会自体も増えることをやはり、期待したいです。


さて、地域一番店として殿堂入りしたカフェ 百時(ももとき:喫茶)に行きました。
c0074553_739552.jpg
たまたま、このブログにたどり着き、それからちょくちょくを読んで頂いているとのこと。同じ地域でいきるものとして、こういう広がりって、うれしいです。美人ママさん、ありがとうございます♪
by kawaikenchiku | 2010-03-24 08:35 | 地域の情報 | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。