人気ブログランキング |

屋根 カラーベスト葺きの雨漏れ 補修方法

屋根は住宅の中で一番高いところです。ここからの眺めは本当にいいですね。
遮るものもそうないですし。
c0074553_871228.jpg


さて、進行中の高森台の家は雨漏りがあります。
寄棟でカラーベストで施工してあります。
この工法の弱点は、棟、下り棟です。
屋根材を葺いて、そのジョイント部分には材木でかさ上げをして、板金で傘をかける、という納まりが一般的。
カラーベストは1枚1枚釘で留めていきます。屋根なので1/4ほど重ねていくのですが、その重なりと釘を打つところが近く、棟の部分は材をカットしていくため、釘を打った場合、割れやすい。
そういった割れから、雨が入ります。
c0074553_8123640.jpg

c0074553_81526100.jpg
材木下から入り込まないようにとシーリングしてありました。
が、これがさらに、状況を悪くしています。
本来の水の抜け道をふさぐことになり、仮に入った水が、釘の穴を伝って、屋内に侵入していくのです。
改修をやったことがないと、何故だめなのか、分かりません。
すぐには症状が出ないこともあるからです。

c0074553_8155381.jpg

現況のカラーベストの上にゴム系アスファルトルーフィングを重ね、棟部分は二重にさらに重ね、屋根をもう一枚葺いていきます。
こういった施工方法もありますよ。




この住宅は、太陽熱温水器が付いており、施工の際にできないので動かしますが、これが非常に重い!
水を抜くのですけど、その過程で持ち上げました。
そうしたら・・・ピキっと背中と腰に走るものが・・・・。
一週間は治らないだろうなあ。(涙
by kawaikenchiku | 2010-01-28 08:26 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30