春の嵐

この急な大雨で降水量が危険になったのでしょうか、消防が山の状態をチェックに来てくれました。
数年前に起きた土砂崩れ。
その為か、こういった局地的な大雨が降った場合に、警戒活動がされます。
土砂災害危険区域との指定もあります。
高座山も難儀ですね。
土砂災害は以前には起きた事がありませんでした。
温暖化による異常気象や造成木々の伐採など、いろいろな条件や環境変化で起こるようです。
現に、高座山の土砂災害もちょっと前に造成されたものが影響だった、とのことも言われています。
メガソーラー発電もそのひとつでしょうね。
聞こえがいい分だけ良しとされていますが、樹木があった場所を切り倒し造成し、ソーラーパネルを設置する。
何のためのものなのか、分からなくなってきてもいます。

ラジオからは、沖縄民謡が聞こえる。
『民謡大全集1・唄方?うたかた?』その制作活動に込めた思いとは?」シンガーソングライターの宮沢和史さんのトーク。
普段とはちょっと違った空気感に浸るひと時になりました。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-04-17 23:11 | 地域の情報 | Comments(0)

高蔵寺NTのちょっとした場所で行なわれた、カナダ、ケローナの報告会。
中部大学の羽後先生を交えてのスライドでした。中部大学の羽後ゼミ生15人も参加でした。
c0074553_1885843.jpg

c0074553_1885988.jpg

ケローナは知る人ぞ知る、とってもおいしいオーガニックワインの産地。
200ものワイナリーがあるとのこと。それなのに輸出に力を入れるのではなく、地域でまわっている為お目にかかる機会が少ない。
それもそのはず、オーガニックなので、添加物等ほとんど入っていないとのこと。それと大きなワイナリーが独占しているわけでなく、小さなワイナリーが独自につくっているというのも関係しているようです。そして、添加物が入っていないため日持ちもしにくい。ですが、とっても美味しいです。
フルーティーでスーッと入ってきます。
もともと、カナダ自体、食の安全にはとても敏感で、日本のような添加物大国には想像できないようです。

そのスライド写真は、とっても豊かな風景と、そこに暮らす人の感じが出てました。
行ってこの目で確かめたい!
実際このケローナは、『自分たちで稼ぐ街』としても先端をいっている街。
某姉妹都市:春日井市も、そういった姿勢は見習いたいところです。

みてみたいです。

ちなみに、この場所も素敵な場所でした。
c0074553_189081.jpg

[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-04-16 18:08 | 地域の情報 | Comments(0)

柊山の家 外部周りのチェックです。
足場が取れる前の最終。
梁の日割れ処理を改めて行う事になりました。
c0074553_11295640.jpg
c0074553_1130715.jpg



改めてというのは、外壁の焼杉板の施工前にもやっているからです。
焼杉板の前で一度処理をし奥でも処理を施す二重の対策です。
天然乾燥材ですので日割れは出来るもの。
その日割れ部分から雨が毛細管現象で入り込むのを防ぐ、それが大きなポイントです。
これも実は経験からきてい事なので、チェックも厳しくなります。
経験は活かさないとですね。
土壁の家でもありますので、仕上げの左官工程が出来上がりの工程の鍵を握ります。
しっかり乾く時間もいるので、じっくりと。
急がば回れ。
ふと効率やこちらの都合(連休前になんとか)が頭をもたげますが、いいものに仕上げる為には、時間がかかりますので。
改めて。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-04-15 23:36 | 進行中の建物のこと | Comments(0)