生垣と竹塀

c0074553_17594913.jpg
ばっさり切られた生垣?大きくなってしまった樹木なんですが、ブロッコリーの軸みたいになっていて少し面白かった。 
手入れの時期が遅かったんでしょうね。常に維持するのは難しいことでしょうが、
できる様にもしかしたら、アドバイスできたのかもしれません。

竹の塀は、タイに行った人の写真に同じように加工してあるものをみたことがあります。
魚の開きならぬ、竹の開き。

日本では昔よく見た光景ですが、竹の使い方はどこも経験と工夫がありますね。
工夫はぜひ見習いたいと思いました。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2005-03-10 16:44 | 家づくりのこと | Comments(0)

下水が詰まったのですが・・・
近所の人からの相談です。この近所で庭のある、25年前にうちで建てた住宅(親の代からのおつきあいです)で、奥さんは緑が大好き。芝生と大きな石と緑が程よく植えてあります。昨年も同様のことがあり、見に行くと汚水桝にものすごい木の根が。珠つげの木が2本あるのですが、1本だけの生育がものすごくよく、2周りも大きかったです。植物って良く知っているんですね。程よい位置関係を考えなくてはいけませんね。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2005-03-10 08:33 | 家づくりのこと | Comments(0)

アナログな家って?

アナログとデジタルとの違いって分かっているようで分からないですよね。
デジタルは、そのときその時の点の集合。点なので情報も集約して大情報を処理できるようです。
一方のアナログはいってみれば、線。出発がありぐるぐる回りながらある所に向かっていく。そしてその軌跡は、2度とできない素敵なものになる。

家つくりも決してデジタルなものではないとおもいます。
考え方もそれぞれ 物や条件によって違ってくるし、組み立て方も、ポンとでてくるわけがない。
工事に関しても、それぞれの職種があり、基礎 躯体 外壁 内装 外構etcとつづきます。
また、引き渡した後は施主はもちろん、関わりながらづっとつずいていきます。

そう、アナログなんです。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2005-03-09 18:12 | 自己紹介 | Comments(0)