南下原の家 外構完成竣工写真撮影

アプローチに照明がつきました。あかりに導かれる感じも写真に撮ってもらえるようで。
ストーリーのある写真、出来上がりも楽しみです。
c0074553_21324037.jpg
自分で写真を撮っているときと実際撮れたものはちょっと違いますので。
プロは違いますね。

c0074553_21341973.jpg
こんな切り取った風景も!
いいですよね~。




[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-12-14 21:35 | 進行中の建物のこと | Comments(1)

夜空におもう

寒いですね!寒気がしっかり来ているのを実感できます。
空は時折ちらちらと細かな雪っぽいものもたまにですが降ってきます。
風も北、北西から強くふくし・・・。

さて、ふたご座流星群が見られるとのことでしたので、夜空を眺めながら帰ってきました。
あ!っと流れ星がみつかる、ということは残念ながらありませんでしたが、綺麗ですね。
凛とした空気に、またたく星。じーっと見ていると、目が慣れ、星がどんどん現れる感じでした。

日中、一部屋根の上にいた事もあってか、しもやけに。(涙
柿の蔕の民間療法、もっとやれということかな?
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-12-13 23:37 | 地域の情報 | Comments(0)

土壁の養生

最高気温5度。土壁の現場のある瀬戸市のyahoo天気では最低気温が0度になっていました。

今日から土壁の裏返し。


c0074553_21562746.jpg
c0074553_21561221.jpg
木舞の片面を塗って、その後乾かし、固まってから反対面を塗る、その作業に入りました。
前回塗ってから乾燥期間が4日。
寒気が下りてきて乾きも悪い時期ではありますので、完全乾燥というところまではいきませんが、裏返し作業を再開です。


裏返しの今回は厚塗りです。
土壁の厚みも大事な点。この壁を構造上主要な壁として設計されている為、土の厚さも大事な点です。
(設計:丹羽アトリエ)
厚く塗ればその分水分もたっぷり含むので、さらに乾きが悪くなります。
ですので、最初の乾き方が大事でもあります。

さらに怖いことは、壁土が凍ってしまうこと。
凍てる(いてる)と壁土の持つ粘りが無くなり、もろくなってしまいます。構造上大事な壁である土壁の強度が不足することになってしまう。
そうならないためには、凍らない工夫をするしかありません。

●具体的には、ブルーシートで建物を覆い、風が直接当たらないようにする。
つまり、気化熱による熱の損失を押さえる。

●内部の温度を上げる。
建物内部に熱を発するものを設置して、内部の気温が氷点下にならないようにする。
その時は高温にする必要はありません。
氷点下にしなければいいのです。

双方とも施して養生です。

おーさむい!!!


[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-12-12 21:57 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。