<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

3/31 今年度最後の日。

3/31 今年度最後の日。
いろいろなところで、卒業や終了といった区切りの日でもあります。

デスクでのお供、fmラジオでも番組編成で変わります。
ちなみに、radikoプレミアムで全国のfmが聞けるのですが、午前中はJ-WAVE、午後はfm-cocoroいってからのinterFM897といった、番組ごとに変えてました。それもちょっと変わりそうです。
ラジオはBGMでもありますが、情報源でもあります。
あさ、岡田マリアはさわやかな声でよかったのになあ~(笑
しばらく、ラジオ難民になってしまいそうです。
c0074553_19324970.jpg

旅立つ人たちを見送りました。
送迎会です。
ままま勝川で一緒だったcoiki-yaの二人。
ブライダルの企画、イベント企画運営を本業としている彼女たちは、ままま勝川での出会いや繋がりを大事にして事業拡大の為、卒業となりました。
頑張ってほしいものです。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-31 19:30 | Comments(0)

サクラサク

ソメイヨシノ 開花です。
といっても、近所の高座山ではなくて勝川の公園の桜です。
公園の桜は街灯が近くにある事が多いので、その近くの桜より早く咲き出す様です。
それにしても華やかになりますね、桜が咲くと。

[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-30 23:32 | Comments(0)

将来工事の事

将来工事の事。
予定していた工事が将来工事となることもありますね。
空調機取り付けといった事もその一つ。

押沢台の家でも同様に将来工事となったエアコンの取り付けが行われました。
土壁の柔らかい印象の壁、実際は強くしっかりしているのですが、コンプレッサーやファンによる振動には土壁自体というより、土壁と木との取り合いで隙間があいてきます。
下地があってしっかりと貫といった構造体にとまっていると安心できますよね。
それには、事前に下地を入れておく必要があります。

丹羽アトリエの設計では、こういった場所には下地を入れる事。
一見しても見えない場所、隠れてしまう所こそ、ちゃんとできるかが問われます。
これも、経験からくる知識が蓄積されているかどうか、それを活かせるのかどうか。
大事な知恵だと思います。


c0074553_811839.jpg

c0074553_8111123.jpg

-----今日エアコン取付工事をして無事に取付が完了しました。
たて貫下地は入っていてエアコン室内機を取付ける金具はしっかりと土壁に固定することが出来ました。
室外機はすぐ外の下屋に置こうとしましたがサイズが大きく、室内から室外機が見えて気になったので少し離れた場所に設置しました。
スッキリと室外機を設置する事が出来て良かったです。
無事に取付が出来て安心しました。-----



住まい手の方から連絡いただき、嬉しいです。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-29 23:10 | 家づくりのこと | Comments(0)

いろいろから

いろいろ
c0074553_06301401.jpg

c0074553_06301583.jpg

c0074553_06301617.jpg

c0074553_06301610.jpg

色のついた花が見られるようになって来ました。
一旦暖かくなってからの寒波の為、こういった花もまだ咲き出しはじめの様です。
違った春の訪れも。
c0074553_06301752.jpg

池からカエルの鳴き声が!
ヒキガエルがやって来た様子。実家では3月はじめに聞こえてました。その池も埋めてしまいました。近隣の雑木林も大きな都市計画道路のため伐採と住む場所がきっと大きく変わってしまった。
環境バロメーターでもあるカエルが、今度はウチの新たに作った池を卵を産む場として選んでくれた様です。
まあ、彼らからすれば選択の余地がなくなったのでしょうね。
ちなみに、小鳥の水浴びのため、ちゃんと水際のアプローチはなだらかにしてあります。エッジが大事ですね、何事も。(笑
ミツバチもこれからですね。
小鳥も姿が見やすい今の時期、冬鳥もしっかり見ておかないとです。

いろいろ、でした。(笑

[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-28 23:15 | Comments(0)

休み明け月曜日

休み明け月曜日

休み明けの月曜日。柊山の家も大工工事が間もなく完了です。
週末は、その後の仕上げ工事(建具工事、左官工事など)の打ち合わせでした。
建具も襖の柄や建具の姿、イメージを大事に説明されていきます。
c0074553_23242833.jpg

c0074553_23243189.jpg

別件で、襖屋さんにも。
建具といっても、襖だけをやる建具屋さんもありますね。
支え合いが大事。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-27 23:24 | 地域の情報 | Comments(0)

柊山の家の建具打ち合わせでした。
建具は細かなルールのある仕事です。
以前は指物師と言われていた?くらい、細かな手作業の職種でも有ります。
建具の出来で大きく変わる印象もありますね。

今回はガラリも数カ所あります。
空気は通えるような隙間があるけど、中身は見せたくない。
そのために、組子の大きさやあき寸法、さらには角度等、印象を決める部分でもあり、機能も求められます。
打ち合わせには時間がかかりますが、ここが大事なところ。


c0074553_22454582.jpg

c0074553_22454658.jpg



[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-26 22:37 | Comments(0)

箱屋さん表敬訪問

箱屋さん訪問。
住宅特集といった専門雑誌にも多くの施工事例が載っている工務店。
そこに表敬訪問して来ました。
設計者は同業同士横のつながりがあるが、工務店は同業同士の横のつながりがあまり無い。
職人さんは複数の工務店との仕事の付き合いがある為、わかっている。
なぜか?工務店のカテゴリーが広く、同じ守備範囲、フィールドで行なっている事が少ないのが今の状況でも有ります。
ただ、これからの人口減少、特に生産年齢人口減少の時代には、複数の工務店同士で職人さんを育てて行く(職人だけでなく、工務店同士でも、地域も)必要があります。
フィールド自体も近い箱屋さん。事務所も近い。(笑)
大きな方向性は同じと共感しました。
建築の魅力の一つが、こういった話ができる事でもあります。
人生の先輩でもある方との話は気づきも多いですね。


気づきといえば、こちら
チベット佛教寺院の案内看板です。
c0074553_07245709.jpg

切り取り方が上手いなあ〜!

日本で唯一のチベット佛教寺院
8時だよ良縁祈願
夜景展望処入場 300円

こんな辺鄙なところに何んでチベット佛教寺院?
を完全にポジティブシンキング!
まなびしかないです!
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-25 23:06 | Comments(0)

終業式&人事異動

学校に行くのに持ち物含め軽装な11歳児。
そうか、今日が終業式。
あゆみをもらうんだよ。と。
c0074553_07513714.jpg

市役所はじめ関係各所でも人事異動の辞令で人が動くときでもありますね。
関係ができているのに、離れられるのは大変なんですが。全体からみても精通したプロがいなくなるものの気がしてならないのですけど。

人との出会いがあれば別れもありますかね。
頑張って、次のステージで。という事なんでしょうね。

ワタクシは、通知表も有りませんし移動も有りません。精通したプロとして全力で取り組んでいきます。
ただし、今は花粉症で辛い時でもあります。(苦笑



[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-24 23:40 | Comments(0)

やさしい暮らし、豊かな暮らし、そんなしつらえ。
そういった事をふと考えます。

大泉寺の家は一つの解答だと思います。
c0074553_23471474.jpg

c0074553_23471593.jpg

左官の仕上げも、角がRで仕上げられた壁もその一つ。
柔らかな感じが表情として出ています。
ここでの暮らしが、とっても楽しみです。



某名古屋のZIP-fmで流れるCM。
環境にやさしく、という啓蒙活動の中で、太陽光発電についてのものがありました。

尽きることのない太陽光で出来る太陽光発電。
この電力を使いましょう!といった内容だった気がします。

太陽光で出来た電力はどんどん使っていい。

そういったとらえ方にも通じます。
大事なのは、そこではない。
折しも、鉄崎幹人さんはブログハウリンウルフで言っている。
c0074553_2349139.jpg

我々は今一度、原点に立ち戻って考えてみるべきではないだろうか?
それは、そんなにも電力は必要ない、という生き方を選ぶこと。

今、絶対に必要だと思いこんでいるエネルギーを、手段を選ばず全て作り出すことでは
なく、ほどほどに抑制し、我慢すること。
そのための方法として、太陽光発電は非常に魅力あるシステムであるし、今後一刻も
早い、優秀な蓄電池の開発も待たれる。・・・・・やはり何事も、お金儲けのために、やり
過ぎてはダメなのだ。自分の家の屋根にパネルを設置し、自分が使う電気を自分で作る
・・・・・それは素晴らしいことだと思う。
・・・・・お日様の恵みをいただく暮らしは、それくらいでちょうどいいのではないだろうか?
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-23 23:49 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

報酬型インターンシップ

報酬型インターンシップ

中部大学と春日井商工会議所が組んで行っている報酬型インターンシップ。
この産官学が組んだ取り組みにウチも参加しています。
ウチにインターンシップとして来ている、山本君。
彼が特集されて載った、今回の報酬型インターンシップの案内パンフ。
c0074553_121538.jpg

c0074553_12196.jpg

c0074553_122180.jpg

彼の言葉で書かれた内容の一部です。
-----カワイ建築の社長さんからたくさんの事を学んでいます。特に印象に残っているのが、「ものづくり」をただ行うだけでなく、それを発信し、より多くの人に知ってもらうことを常に考えていることでした。-----

若干文章に?な部分を感じますが。(笑
(※ワタクシはここには登場できませんでした!)

工務店に来たのだから、現場から事務所作業はもとより、まちづくりでの取り組み、高蔵寺ニュータウンでの『おもひで大同窓会』でのプールアート(色の着いた水風船づくり)、『ままま勝川一周年記念イベント』のビッグフラワーづくりなど、きっと他では体験できない事をやってもらいました。
学校では間違いなく体験できない事だと思います。


物事を説明する際に、しっかりとした「理由」をつける。すると、両者の間に「共感」が生まれ、結果「信用」につながる事も教えていただきました。
とも。

この言葉は、嬉しいですね。
設計事務所にいた時に、所長さんから教えてもらった事に通じます。
案だししたときに、「なぜ、これはいいのか」を伝えるために、何度も「ダメの証明」をする、その上で、いいか悪いか。
それはデザインでも同じでした。
少しは受け継いだものを社会(次世代の若者たち)に還元できた気がしました。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-03-22 23:55 | 地域の情報 | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。