<   2017年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

間 の日

春日井商工会議所議員懇談会が1月最後の日に行われました。
その中で、松尾会頭の旭日褒賞受賞というおめでたい報告もいただきました。
たまたま、話の中で、「日本の美徳の一つが間である」との言葉がありました。
折しもその話は、相撲の事。
相撲も両者を仕切る行司がいて、お互いの間を合わせる事で勝負としている事が挙げられていました。
折しもというのは、その数時間前に、田んぼの中のお地蔵さんの横にあった建物、これが土俵?と見えたからです。
c0074553_23393168.jpg


c0074553_23393149.jpg

気になって近寄ると、土俵ではありませんでした。
奉納相撲がここで行われていたのかな?なんて想像していたのですけどね。

懇談会の前には、ままま勝川でミーティング。
間をイメージする、ある意味コラボする一日でした。

[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-31 23:26 | Comments(0)

照明はLEDというけれど・・・

廊下の照明、LED電球が切れました。確か、4万時間の寿命のはずでは・・・。
4万時間というと1日8時間つけっぱなしとして、5000日→13.69年。
全くそんなことはありませんでしたね。

実際こういった事は、どうやらよくあるようです。
LED電球が突然点灯しなくなるケースは、電球そのものが劣化したのではなく、電球内部に組み込まれている電子回路の故障が原因です。
とのこと。
特に中国製が安定していないようで、その点日本製は生産は国外だが管理がしっかりしているので、そこまでの故障は無い、とのことでしたが・・・。
たしか、これはpanasonicせいだった気がします。
全方向型、電球色と選んだので。

もう一つ検討したいのが、電球取り替え可能なタイプを選択したほうがいいのか、一体型をセレクトしたほうがいいのか。です。

自分なりの回答は、一体型。
電球取り替え型がこうも切れたので。

c0074553_21345236.jpg

外構アプローチにはじまり、夜にドラマチックであり癒しをもたらしてくれる、ゆったりとした光。
照明計画といった配置はとても重要です。
演出できるので。暮らしを。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-30 21:35 | 家づくりのこと | Comments(0)

お酒の誕生

酒の誕生 特集を見ている。
お酒を少々いただきながら。
c0074553_06233025.jpg
c0074553_06235373.jpg

c0074553_06242410.jpg
カタログギフトでも最近はお酒もありますね。
ルーツを見てみると穀物やぶどうといったものだけでなく、カカオ酒やピンクペッパー酒といったへーといったものもありました。
お酒の話も音楽のように、カタチはないですが、深い話です。
こんな時間もいいですね。


[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-29 23:22 | Comments(0)

車のお供に

寒さが幾分和らぎ、日差しに力が入ってきているように思います。
日中の日向、車の中など、温かく眠気すら覚えますね。
移動中に気をつけないといけませんね。
作業をしているときもそうですが、運転中は考え事をすることも多いもの。
運転だけに集中というわけにもいきませんからね。

さて、現場での打ち合わせで答えの出ない事も多いものです。
出来る事を整理するのにも時間が必要なものもあります。

fmラジオからの情報は、気分を変えてくれる大事な情報源でもあります。
音楽もいいですしね。
最近のお気に入りは、radioNEOの土曜日19:00からのRADIO EUTOPIA。

ミュージックシーンの最前線で長きにわたって活躍する、
日本の音楽プロデューサーやアーティストがマンスリー・ゲストで登場。
作品が生まれた時代背景や創作の深いところにまでリーチするインタビューをお届けします。
後半はファンドマネージャーの「アベさん」が週末だけオープンするカフェに加藤美樹がおじゃまして、
世代やジャンルを横断した音楽談義に花を咲かせながら、ニュース等で話題の経済のお話も。 

RADIO EUTOPIA

音楽はカタチが残らないものだけに、もっとつくりての思想が鮮明になってきます。
建築はそこまでシビアにしなくても、いってみたらカタチが解決してくれるところもあります。
一過性、キエテナクナルコト、の危うさと強さと心地よさと、カタリストを介して紹介してくれるところが、読書のあとがき、解説の様でもありとても好きな部分です。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-28 23:15 | Comments(0)

大泉寺の家 家具工事

大泉寺の家 家具工事
c0074553_8581159.jpg

大工がつくる造作家具と家具工事でつくる造り付け家具、その両方がこの家には計画されています。
どちらもオーダーメイド。

違いの一つが、素材です。
大工が担当するのは、板状(910*1820、厚み18、24 といったサイズ。畳の大きさというと分かりやすいでしょうか)に加工されているランバーコアといわれるもので組み合わせたもの。
サイズはもちろんカットして使うので、一見わかりにくいですが。
c0074553_8581393.jpg

c0074553_8581246.jpg

c0074553_8581384.jpg

その家具を取り付けないと、壁板の仕上げ材が取り付けられないなど、順番が決まってきてしまいます。
手をかけて進んでいきます。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-27 23:57 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

ウッドデッキが出来ました。
今回のウッドデッキは、物干し台付き。
c0074553_2226617.jpg

ものを干すという、目的を前面に出したものです。
デッキの目の前には大事にされている梅の木があり、ことりの為にみかんを半分にして刺してあります。
見た時に梅の木の邪魔にならないように、すっきりとさせてみました。



この時期、一緒に楽しみましょう。
c0074553_22261217.jpg

c0074553_22261236.jpg

という事で、ことりの為にエサ台にまいてみました。
野鳥たちが気づくといいのですけど。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-26 22:26 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

浴室の入り口ドアのガラス部分(正確にはアクリル部分)は今はカビが付きにくいように、パッキンレスとなった構造です。
パッキンをかませないため、製造時に組み込んで建具を製作しているようです。
ガラス部分の交換は出来るようでしにくく、いっそ全体を取り替えてしまう方がコストがかからない、そんな事例が出ました。

部分的な交換が経済的な判断から出来ないというのも、何とも深刻に受け止めてしまいます。



ここ数日靴がとても窮屈に感じて変だなあと思っていました。
よく見ると、しもやけで足の指が膨れ上がっています。
そうだなあ、としげしげと。
しもやけは、血行障害。
末端を切り捨ててまでも、内側や内部を守ろうとする体の仕組みもありますね。
血行障害をやっぱり取り除く努力はすべきですので、やっていこうと思います。

室内環境、特に温熱環境も大きな部分です。
また、移動中に車のヒーターが当たり、その後外気で急速に冷やされて悪化、というのも考えられます。
こまめなメンテナンスが必要ですね。

浴室の入り口ドアのガラス部分(正確にはアクリル部分)は今はカビが付きにくいように、パッキンレスとなった構造です。
パッキンをかませないため、製造時に組み込んで建具を製作しているようです。
ガラス部分の交換は出来るようでしにくく、いっそ全体を取り替えてしまう方がコストがかからない、そんな事例が出ました。

部分的な交換が経済的な判断から出来ないというのも、何とも深刻に受け止めてしまいます。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-25 23:23 | Comments(0)

寒さのピーク

大寒すぎ、一番寒さのピークですね

寒の入り、大寒と続き、今が一番寒さの厳しい時。
外部での作業もあるので、現場仕事は大変です。
手がかじかんで、上手くいかないときもありますので。

さて、こんな時期ならではのもの。
c0074553_8394714.jpg

c0074553_8394930.jpg

ロウバイが咲き出しました。
まだ香りは一面に広がる、ということは無いですが、花のカタチにみとれてしまいますね。
c0074553_8395492.jpg

c0074553_8395511.jpg

水場の氷、霜の降りた草木たち。
そのひと時の姿に、力強さと美しさがみえます。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-24 23:39 | 地域の情報 | Comments(2)

大泉寺の家 足場撤去

大泉寺の家、外部足場が取れました。
c0074553_8161617.jpg


真っ黒な建物です。
軒の出も大きいのですが、威圧感というものはありません。
色のこともあるのでしょうけど、奥まった配置や高さを抑えるなど、設計の工夫によって見え方も大きく変わるようです。

工事は大工工事に加えて左官工事も入って来ました。
一階浴室の壁はタイル仕上げ。
そのための下地つくりはかなりの施工精度です。見えなくなるのですが、こういったところコソ、きちっとやらないと、仕上げに出てしまいます。
c0074553_8143569.jpg


通り土間の木製建具のレールです。

建具の厚みも変わるので、かもいの溝、レールの幅も変わります。
c0074553_8143562.jpg

c0074553_8172288.jpg


これも見えにくいところですね。
大事、大事。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-23 23:36 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

東海市へ

東海市へ。
大府市の隣の街です。
大きな企業を抱えている事もあり公共空間は立派でした。
c0074553_23122919.jpg

のびのびした場所は、やっぱり必要ですね。

普段と違ったところには、発見がいっぱいです。
ショートトリップは日常のちょっと先。



[PR]
by kawaikenchiku | 2017-01-22 23:07 | Comments(0)