カテゴリ:家づくりのこと( 801 )

板図


実測してみると、和室に関しては内法寸法が3尺の割り付けになっています。
『伸び』が入っているわけです。
改装するにしても、資材に関しては伸びの分も見越し数量を数えなくてはいけません。
グリッドもこれらの伸びをを踏まえておかないといけないので、二重のグリッド、ハイブリッドになります。
もっともこれらは、つくる側の視点です。
使う方としては、柱の大きさ分部屋が広くなるわけです。
この考えも先人の知恵。
このあたりだと、中京間、関西間と言われます。
柱サイズ大きくすることで、部屋の広さにゆとりが生まれるので不思議です。


[PR]
by kawaikenchiku | 2017-07-06 23:07 | 家づくりのこと | Comments(0)

ハイブリッド素材の末路

ハイブリッド素材の末路

音の問題の対応を行いました。
音の対策としては、音の振動が伝わらないように吸収するか、振動させないようにするか。

吸収する為には、断熱材や吸音材といった気泡や空間があるもので包み込む。反響しないようにするものです。
もう一つの方法は重さでシャットアウトする。コンクリートの壁や鉛入りのマットなどの比重の重いものを間に施すことで通り抜けないようにする。
さらには、空間を仕切る。空気層をもって縁を切る、といったほうが分かりやすいでしょうか。

それを施工レベルでおこなうとすると、かなり大変です。
それなりの商品も出ています。
それら商品の多くは、あるものに何かを加えて加工されたものです。
いわばハイブリット商品。

こういった商品はその後の処分も厄介でしょう。
ハイブリッドがこれだけもてはやされる時ですから、その末路にも今後目を向ける必要があるように思いました。



[PR]
by kawaikenchiku | 2017-06-27 23:16 | 家づくりのこと | Comments(0)

テントの魅力

テントの魅力

外が気持ちいい時期は意外に限られて利るのかもしれません。
といっても、時間帯によってとっても気持ちのいいのは、これからの時期もありますよね。
日よけや、ちょっとした屋根があればちょっと休むのに欲しいところです。
c0074553_08032696.jpg
c0074553_08032888.jpg
そんなちょっとした日よけになるのがテントです。
木製のフレームに、テント生地をつければオリジナルの日よけになります。
テント生地は雨風に耐えられ、かつ日差しで退色しにくいものなど、複数の要素に耐えられるようにと素材もちょっと特殊です。
それをオーダー出来るなら。

テントやパラソル、といったホームセンターや雑誌で見かけるものはいくつも有ります。
そういったものからの選択だけでなく、その場所にあったものをつくりだす。
そんな選択もちゃんとありますね。
ものをつくる、もっと広めていきたいです。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-06-22 23:00 | 家づくりのこと | Comments(0)

梅雨の晴れ間を使って。

梅雨の晴れ間を使って。

雨が重なり、やりにくくなる作業も今後増えていきます。
その前にできる事を。
今日一日はそういった貴重な日になりました。

外仕事もいろいろあります。
特に、土をさわる作業は基本的に雨ではやらないほうがいい。
精度も上がりませんし作業効率も悪くなります。
外仕事も重なりますので、できうる事を前倒しにしていきたいです。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-06-20 23:40 | 家づくりのこと | Comments(0)

音に関して

音の問題に関して、メーカー担当者にも来てもらい、調査と方針を立てる打ち合せをしました。
音に関する相談は増えているそうで、関連商品もメーカーとして製造販売しています。
建築現場ではそれらを使って、どのように組み立てていくか、が実は大きな問題です。
組み合わせ方、設置の仕方で効果がちゃんと出るかどうかが決まるからです。

音の問題は程度の問題でもあり、程度は人によって変わります。
一般的なレベルの設定はありますが、あくまで一般化したものです。
少々難解です。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-06-15 23:13 | 家づくりのこと | Comments(0)

専門職の手道具

職人さんの加工場はとても興味深いです。
そこには専門職ならではの道具があります。
今回は建具屋さんの紹介です。
c0074553_7314993.jpg


打ち合せがあり、建具屋さんによってふと見ると鉋がいっぱい無造作に置いてあります。
今では使用されない事が多くなった特殊な用途に用いる鉋です。写真のものはほんの一部。
形状がそれぞれあって、興味が尽きません。

道具フェチには毒ですね(笑
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-06-06 23:26 | 家づくりのこと | Comments(0)

エアコンの使用の仕方

暑い一日でした。
気温も上昇、30度を超えたようです。
気温の変化についていいけないようで、6月初めの暑さは身体も負担が大きいようです。

さて、エアコンの使用の仕方もいろいろ分かってきました。
いかに効率よく使うか。
その為には、前提は高断熱化されているということなんですが、エアコンのオンオフをこまめにやらずに、つけっぱなしの方が電気代もかからない。
快適性も損なわれない。

こういった考え方は、今までの考え方から方向をコロっと変えなければならず、ですよね。
ですが、今年度はやってみようと思います。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-05-29 22:13 | 家づくりのこと | Comments(0)

スツールの座面 検討

スツールの座面 検討

下小屋では大工によるスツール座面の検討。
木で出来たスツールの課題の一つが、お尻のフィット感。
くぼみをつけることで、今回解決しようとしています。
c0074553_8142243.jpg

c0074553_814226.jpg

くぼみのカタチをどうするのか?
お尻のカタチも若干違いがありますし、背もたれがないので、前後どちらからでも使えるように、向きが決められません。

そして出来たものの一つがこれ!
分かりますか?
c0074553_8142374.jpg

c0074553_8142418.jpg

凸部が微妙!(笑
c0074553_8142454.jpg

[PR]
by kawaikenchiku | 2017-05-19 23:13 | 家づくりのこと | Comments(0)

建具が納まりました。
c0074553_802079.jpg


木製建具の納めの中で、職人さんと打ち合せていると、「あごがこちらで」「あたまむこうに」「あしがこちらに」といった体の部位を表す言葉が多いのにハッとしました。
建築表現にこういった言葉が多いのは知っていますが、建具はより人に近くなっていくのでしょうか、そういえば家具もその一つですね。
家具にも『脚」がありますし、『肘』も出てきます。
運搬業では、『あたま』ではなく、『天地』ですね。三国志の世界のような壮大な表現。
人に伝えるには、『例え』があったほうが共通認識しやすいのでしょうね、今では画像なんでしょうか。

職人さんとの打ち合わせから、随分と拡大しましたが、言葉の力はすごいものです。
大事にしなければ、とも。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-05-16 23:58 | 家づくりのこと | Comments(0)

庭がみえる

庭がみえる
c0074553_995689.jpg


庭との関係、特に緑との関係が出来るのが、家の良さだったりします。
グリーンを生活の中に取り込む。
そのことを、意識してきたわけでもない、それが何ともいい事だと、多くの方が知っています。

グリーンがないと、閉塞感を感じますね。


目がそういったところにいく。
動物としてのDNAがなせるものなのかもしれませんね。

それとも、何となく眺めていたくなるのは、ただの5月病?(苦笑
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-05-11 23:58 | 家づくりのこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。