2017年 10月 10日 ( 1 )

玉野の家 刻み&配筋

玉野の家 刻み&配筋
c0074553_07465080.jpg
玉野の家の墨付け刻みも始まっています。
墨付けは大工が材木に書く切断線や鑿で彫る線を記したものです。
墨がついていると、刻めるわけですが、大事な事は、この墨による記号が同じな事。

数学と同じで、記号の意味や計算式は記する人で変わってはいけません。そこが同じな事がとってもすごいことなんです。
継手の仕口はほぼ形状同じですし、口あきの寸法や芯からの戻り寸法、といった専門用語も地域による差はあるかもしれませんが、考え方はほぼ同じ。
これって、とってもすごいことだと思います。
c0074553_07465274.jpg
基礎の配筋も綺麗です


[PR]
by kawaikenchiku | 2017-10-10 23:44 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。