さようなら バジル

大変残念ですが、山羊が亡くなりました。
c0074553_11090437.jpg


とっても可愛がっていたのに。
金曜日の夕方、打ち合わせの為近くにいたところ電話がかかって来て、「バジルが吐いて、動かないの!」と。
打ち合わせ後に戻りいってみると泣いている子どもと動かない山羊。

早く手当をしなければ、と水を飲ませようと抱きかかえて水を手に汲んで口元にやりますが動きません。
うちには掛かりつけの動物病院がありますが、犬猫です。そこに電話したところ、山羊は診れないとの事。
連れて来てくれた友人にかけるも国外出張中。その会社の方も牧場の連絡先は分かるがもう不在。
農協なら家畜の関係で掛かりつけの獣医さんを教えてくれるかもしれないという事を聞き、知り合いの農協関係者に連絡するも、知らないし、あっても三河地方なのではとの事。
週末の日が暮れ診察時間外になって連絡つかず。
一刻を争うちはずが、有益な情報を得る為に時間をかけたはずが得られません。
ダメ元で爬虫類やインコも診てくれるという動物病院に行きました。
バジルを抱きかかえて車に乗せてもらい。
まだ温かい。目にはうっすら光があります。
ただ…。
すぐに診て頂きましたが、時すでに遅く、心音なく、硬直がはじまっている状態でした。

原因は不明ですが、吐いたりしたそうで、毒性の草を食べてしまったのでは、とのことです。

名前バジルとなずけ、早朝に草のところに連れてはむのを眺め、ようやくバジル自身も慣れて来たようで、交流も楽しみにでした。
子ども達も本当に可愛がっていました。

来てから6日。途中には台風のための大雨や今年初の熱帯夜など過酷な時を過ごしやすいようにと関わったのに。

その後の処理も大事な事。
動物病院では箱に入れ運搬できるように準備してくれました。腐敗が進まないように氷を入れるといいよとのアドバイスももらい。
ペットの処理は犬猫専用の火葬等がお寺などやってくれるところがあります。
当日夜は山羊もやってくれそうでしたが、翌朝に確認すると不可との事。
家畜の処理をしてくれる組合があるとの事ですが、土曜日という事で半日の営業との事でした。
こちらも動ける時間に限りがあります。

清洲市にあるその場所に行き、家畜と同じく処分する設備のととのった工場へ持ち込む。
同じような処分待ちの大型動物が入った鉄製のコンテナがあり、横たわた動物の体が見えます。
腐敗臭も当然あります。生物ですから液体もあります。
たった6日でしたが可愛がっていた山羊をそのコンテナに手で入れ、処理をお願いしました。

終わりました。

その後の自宅に戻り少し休みました。
睡魔が襲い少し仮眠しました。脳も機能不全、リセットが必要と判断したのでしょうね。

命の大事さを思うところです。




[PR]
Commented by weloveai at 2017-07-09 08:58
大変でした。
お嬢さんたち急な事で悲しかったでしょう。
可愛い可愛いとこれからもっともっと仲良くなれるときに・・・
命のはかなさと尊さを短い間でバジルが教えてくれたんですね。安らかにと祈ります。

Commented by yachotori at 2017-07-09 17:31
短い期間だったとは言え、ペットのように家族の一員として世話され
ていたようで、お子さんたちにも大きな苦痛の出来事でしたね。ペット
葬式のようなことは何度もやってきましたが、いつでも悲しいことです。
でも、それを乗り越えることもご家族にとっても大切なことですね。合掌
Commented by kawaikenchiku at 2017-07-10 20:09
*weloveaiさん
ありがとうございます。
命についてちゃんと感じてほしかったのかもしれませんね。
大きな出来事です。
子ども達にとってもです。私自身も大きな出来事でした。
Commented by kawaikenchiku at 2017-07-10 20:13
*yachotoriさん
悲しみを紛らすことはいくつもできます。
乗り越えるのには、一人ではなかなか難しいですね。
家族、仲間がいてくれて出来ることのなのかもしれません。
また、次に向かって進むことも大事な事ですね。
有難うございます。
by kawaikenchiku | 2017-07-08 23:58 | Comments(4)

愛知県春日井市より日々の出来事をレポートします。