内障子のこと

内障子のこと

大泉寺の家は建具に工夫がいくつかあります。
その一つが、内障子。
c0074553_81345100.jpg

内障子は開閉した時に部屋の雰囲気を大きく変えます。
それでいて、外の光を柔らかく調整し、今まで見えていた外の景色を白く閉ざす。
内なる世界にすることで、内部にいる人に安心感を与えます。
今回はその内障子にさらに、『風』の要素が加わりました。
c0074553_8135850.jpg

c0074553_8135993.jpg

障子紙の代わりに、カーテン生地のような布(正確には紙で織ったものです)を貼っています。
貼るというより挟み込むといったほうが正確ですね。

組子の大きさや割り付けで雰囲気も大きく変わりますね。
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-05-17 23:12 | 進行中の建物のこと | Comments(0)