柊山の家 左官工事、仕上げがはじまりました。

柊山の家 左官工事、仕上げがはじまりました。
c0074553_8182755.jpg

c0074553_8182644.jpg

木と土壁の家であるこの建物、仕上げの部分の土壁、左官仕上げがはじまりました。
期間を分けて、土を重ねていくこの伝統的な手法です。
荒壁といわれる、粘土質の非常に強く荒い土から、粘り気を薄くしていく事で厚みも変えながら塗り重ねます。
c0074553_818264.jpg

土は見ているのと、さわる感じとはちょっと違います。ケーキのような柔らかさをイメージしてしまいますが、もっとずっしりと重く、力強い。
それでいて、加工や成型、天井や壁に塗っても落ちてきません。何とも不思議。

ちなみに、左官屋さんにケーキをデコレーション出来るか聞いてみました。
たぶん、とても綺麗にできると思う、とのこと。
左官技術とパティシエのデコレーションがつながるって、なんだかおもしろいですよね。(笑
[PR]
by kawaikenchiku | 2017-04-20 23:17 | 進行中の建物のこと | Comments(0)