皮むき間伐、radioで聞きました。
(j-wave wonder vision  DJ平井理央)radikoのタイムフリーにて♪

ウチの事務所前にもこの手法で皮むきされた杉の木があります。
ちょうど2年ほどたちました。
c0074553_1854235.jpg

c0074553_1854443.jpg

ちびっ子でも出来る手法っていうのも素晴らしいですね!
写真2枚目はその皮むき間伐でみたものです。

そこからの紹介を少々。
----------------------------------------------------------------------------------
木の皮をむき、立ち枯れさせてから切り倒す「皮むき間伐」です。

この間伐方法は、福井県在住の森林インストラクターで林業改善指導員の鋸谷茂(おがやしげる)さんが提案した巻き枯らし間伐(環状剥皮)をNPO法人森の蘇りがアレンジしたもので、木が水や養分を循環させている樹皮を環状にカットするだけでなく、 樹皮を上方まではがして木を立ち枯れさせていきます。これは、立ち枯れた木は残された樹皮に虫がつきやすいので、 できるだけたくさんの樹皮をはがすことで、木材としての使用範囲を広げていこうという試みでもあります。

通常の間伐では、伐採時の木は沢山の水分を含んでいて、非常に重いものですから、運び出すのは大変な重労働です。 一方皮むき間伐では切り倒す前に乾燥させるので、伐採時には、軽トラックで運べるくらいに木が乾燥して軽くなります。 そして木は皮をむいた後にゆっくりと自然に乾燥されるため、木材乾燥機などで乾燥するよりも、 ひび割れも少なくなり、さらに、フィトンチッドなどの有効成分が多く残ります。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-04-22 18:55 | Comments(0)

皮むき間伐、radioで聞きました。
(j-wave wonder vision  DJ平井理央)radikoのタイムフリーにて♪

ウチの事務所前にもこの手法で皮むきされた杉の木があります。
ちょうど2年ほどたちました。
c0074553_1854235.jpg

c0074553_1854443.jpg

ちびっ子でも出来る手法っていうのも素晴らしいですね!
写真2枚目はその皮むき間伐でみたものです。

そこからの紹介を少々。
----------------------------------------------------------------------------------
木の皮をむき、立ち枯れさせてから切り倒す「皮むき間伐」です。

この間伐方法は、福井県在住の森林インストラクターで林業改善指導員の鋸谷茂(おがやしげる)さんが提案した巻き枯らし間伐(環状剥皮)をNPO法人森の蘇りがアレンジしたもので、木が水や養分を循環させている樹皮を環状にカットするだけでなく、 樹皮を上方まではがして木を立ち枯れさせていきます。これは、立ち枯れた木は残された樹皮に虫がつきやすいので、 できるだけたくさんの樹皮をはがすことで、木材としての使用範囲を広げていこうという試みでもあります。

通常の間伐では、伐採時の木は沢山の水分を含んでいて、非常に重いものですから、運び出すのは大変な重労働です。 一方皮むき間伐では切り倒す前に乾燥させるので、伐採時には、軽トラックで運べるくらいに木が乾燥して軽くなります。 そして木は皮をむいた後にゆっくりと自然に乾燥されるため、木材乾燥機などで乾燥するよりも、 ひび割れも少なくなり、さらに、フィトンチッドなどの有効成分が多く残ります。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-04-22 18:55 | 家づくりのこと | Comments(0)

機械に詰め込む。

機械に詰め込む。
食器洗い乾燥機が故障し取り替えました。
食器洗い乾燥機はキッチンの要望の中でも、欲しいものの機能の一つ。
ただ洗う、というより機能的にあげた機種も多いようです。
カビや汚れが付きにくいプラズマクラスターが付いたもの。
洗剤でなく重曹といった環境負荷の少ないもので洗うことが出来るもの。
外側のサイズは同じでも中の容量が大きくなったもの。
消音タイプ。etc。

道具の選択では、「道具はいいもの使わないとダメだ」と職人さんの中で話が出ます。
この道具というのは、手道具をさしていたものです。大工道具であれば、鋸やかんな、鑿といった刃物。
刃の角度や台、焼きの入れ方など工夫が詰まったものです。
電動工具もさらに加わり、より精度が出やすく、機能の付いたものを、いかに早くから使いこなすか。
これでも仕事の質が上がるようになってきました。

家電も同じことも言えそうです。
同じ機能よりもちょっと高機能なのも。
ついつい選びがち。
一方で、価格や耐久性といった面など、それ以外の要因での選択もあります。
どれを選ぶかは、その人の考え方次第。

在って当たり前のものがいかに工夫されて出来ているのか。
どんな変化、進化があるのか。
意外に知りません。

今回の取替えを通じての発見です。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-04-21 23:02 | 家づくりのこと | Comments(0)