終業式&人事異動

学校に行くのに持ち物含め軽装な11歳児。
そうか、今日が終業式。
あゆみをもらうんだよ。と。
c0074553_07513714.jpg

市役所はじめ関係各所でも人事異動の辞令で人が動くときでもありますね。
関係ができているのに、離れられるのは大変なんですが。全体からみても精通したプロがいなくなるものの気がしてならないのですけど。

人との出会いがあれば別れもありますかね。
頑張って、次のステージで。という事なんでしょうね。

ワタクシは、通知表も有りませんし移動も有りません。精通したプロとして全力で取り組んでいきます。
ただし、今は花粉症で辛い時でもあります。(苦笑



[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-03-24 23:40 | Comments(0)

やさしい暮らし、豊かな暮らし、そんなしつらえ。
そういった事をふと考えます。

大泉寺の家は一つの解答だと思います。
c0074553_23471474.jpg

c0074553_23471593.jpg

左官の仕上げも、角がRで仕上げられた壁もその一つ。
柔らかな感じが表情として出ています。
ここでの暮らしが、とっても楽しみです。



某名古屋のZIP-fmで流れるCM。
環境にやさしく、という啓蒙活動の中で、太陽光発電についてのものがありました。

尽きることのない太陽光で出来る太陽光発電。
この電力を使いましょう!といった内容だった気がします。

太陽光で出来た電力はどんどん使っていい。

そういったとらえ方にも通じます。
大事なのは、そこではない。
折しも、鉄崎幹人さんはブログハウリンウルフで言っている。
c0074553_2349139.jpg

我々は今一度、原点に立ち戻って考えてみるべきではないだろうか?
それは、そんなにも電力は必要ない、という生き方を選ぶこと。

今、絶対に必要だと思いこんでいるエネルギーを、手段を選ばず全て作り出すことでは
なく、ほどほどに抑制し、我慢すること。
そのための方法として、太陽光発電は非常に魅力あるシステムであるし、今後一刻も
早い、優秀な蓄電池の開発も待たれる。・・・・・やはり何事も、お金儲けのために、やり
過ぎてはダメなのだ。自分の家の屋根にパネルを設置し、自分が使う電気を自分で作る
・・・・・それは素晴らしいことだと思う。
・・・・・お日様の恵みをいただく暮らしは、それくらいでちょうどいいのではないだろうか?
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-03-23 23:49 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

報酬型インターンシップ

報酬型インターンシップ

中部大学と春日井商工会議所が組んで行っている報酬型インターンシップ。
この産官学が組んだ取り組みにウチも参加しています。
ウチにインターンシップとして来ている、山本君。
彼が特集されて載った、今回の報酬型インターンシップの案内パンフ。
c0074553_121538.jpg

c0074553_12196.jpg

c0074553_122180.jpg

彼の言葉で書かれた内容の一部です。
-----カワイ建築の社長さんからたくさんの事を学んでいます。特に印象に残っているのが、「ものづくり」をただ行うだけでなく、それを発信し、より多くの人に知ってもらうことを常に考えていることでした。-----

若干文章に?な部分を感じますが。(笑
(※ワタクシはここには登場できませんでした!)

工務店に来たのだから、現場から事務所作業はもとより、まちづくりでの取り組み、高蔵寺ニュータウンでの『おもひで大同窓会』でのプールアート(色の着いた水風船づくり)、『ままま勝川一周年記念イベント』のビッグフラワーづくりなど、きっと他では体験できない事をやってもらいました。
学校では間違いなく体験できない事だと思います。


物事を説明する際に、しっかりとした「理由」をつける。すると、両者の間に「共感」が生まれ、結果「信用」につながる事も教えていただきました。
とも。

この言葉は、嬉しいですね。
設計事務所にいた時に、所長さんから教えてもらった事に通じます。
案だししたときに、「なぜ、これはいいのか」を伝えるために、何度も「ダメの証明」をする、その上で、いいか悪いか。
それはデザインでも同じでした。
少しは受け継いだものを社会(次世代の若者たち)に還元できた気がしました。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-03-22 23:55 | 地域の情報 | Comments(0)