h24年度会長交流会

豊田にてh24、YEGの同期会がありました。
愛知県内19単会の会長が集まりました。
それぞれ別の地域。職種も違えば、一緒に何か行った事も有りません。ですが、一緒に戦った仲間といった感じです。
今回はスペシャルゲストに、日本YEGの会長だった、富山YEGの尾山さん、東海連合YEG会長の山田さんも駆けつけてくれました。
当時とはまた違って、其々に向かっているこころも違うと思います。
刺激の多い、素敵な仲間です。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-05-28 22:38 | Comments(0)

柊山の家 完成引渡し

柊山の家 完成引渡し
c0074553_8215253.jpg

c0074553_8215238.jpg

c0074553_8215145.jpg


造っていた家が住まいに代わる時となりました。
家づくり、楽しかった。その言葉と笑顔があり、ほっとするひと時でした。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-05-27 23:21 | 進行中の建物のこと | Comments(0)

引き渡し直前の現場

引き渡し直前の現場。
静かに見直します。
検査を経ての手直しもあり、直前までその作業が続きます。
その場で作業するために、事前に準備が必要なものもあります。
c0074553_6572142.jpg


たとえば、木についた灰汁の事。
杉材と土壁の取り合い部分。
土や塗り壁材は強アルカリのphです。
そして、水分を含みます。
水分がある事で、木に染み込み、その部分で焼けが起こります。
杉材でもその現象が起こりますが、腐りにくいとされる、広葉樹、栗も同様です。
特に栗は灰汁が出やすい。

灰汁取には市販のものがありますが、いわゆる水性の薬品です。
水を介することで、左官壁にも影響を与えてしまっては元も子もありません。

また、灰汁は木の表面にできたものです。
表面を削り取るという事も考えられます。
取り合い部分は隣接する箇所。作業性にも問題があります。

ではどうするのか?
まずは、試してみます。
同様の栗材に左官壁による灰汁をつけ、どのやり方がいいのか実験します。



気になる部分を対処、腰を据えてやらないと出来ない部分です。
まずは、腰を据える、というのが大事なようですね。
[PR]
# by kawaikenchiku | 2017-05-26 23:56 | 進行中の建物のこと | Comments(0)